クイックシフターは上下対応

【119馬力/189kg】ヤマハ新型「MT-09」フルモデルチェンジして正式発表

  • 2020/10/28

欧州ヤマハは、排気量アップした3気筒エンジンを新フレームに搭載した2021年モデルの「MT-09」を発表した。デザインも完全に一新され、電子制御は6軸IMUの採用によりトラクション、スライド、ウイリー、ブレーキをトータルでコントロールする。

↓↓追加情報が出ました↓↓

排気量は3.1mmのストロークアップで847→890ccへ|IMU+電子制御スロットル採用

欧州ヤマハは新型MT-09を発表。エンジンは排気量を45cc拡大するとともにユーロ5に適合し、全域パワーアップしたうえで最大トルクの発生回転数を1500rpm下げた7000rpmとし、低回転域のトルクは7%向上した。吸/排気は刷新され、マフラーは1400g軽量に。マフラー込みのエンジン重量は1700gの軽量化を達成した。目指したのは“リアルワールド”におけるパフォーマンスの最大化だ。

ピストン、コンロッド、クランクシャフト、カムシャフト、クランクケースなど主要パーツの多くは新設計とされたほか、新しい燃料供給システムはインジェクターを従来のシリンダーヘッド直付からスロットルバルブ側に取り付け位置を変更。噴射はバルブ傘裏方向とし、優れた燃焼効率としてトルク&パワーを向上するとともに燃費を9%改善。電子制御スロットルにはアクセルポジションセンサーグリップ(APSG)を組み合わせる。6速トランスミッションは1速と2速のレシオを高め、アップデートしたアシスト&スリッパークラッチを採用した。

電子制御は待望の6軸IMUが搭載されているが、これは2015年型のYZF-R1が採用していたものより50%小さく40%軽いもの。こにより車体のロール/ヨー/ピッチの動きを検知し、バンク角連動型トラクションコントロールシステム(TCS)、スライドコントロールシステム(SCS)、リフトコントロールシステム(LIF)、ブレーキコントロールシステム(BC)をトータルで制御できるようになった。

TCSは3モードがあり、モード1およびモード2は介入の度合いをSCS、LIF、BCとともに一括で調整。モードMはマニュアル設定が可能となり、個別に好みのセッティングを施すことができる。これらの操作は3.5インチTFTのメーター上で行う。クイックシフター(QSS)は上下対応になった。

2.3kgの軽量化を達成したシャーシと最新のデザイン

フレームは新型のCFアルミダイキャスト・デルタボックスとし、軽量化と強度向上を両立。横剛性は50%向上した。また、サブフレーム(シートレール)はスチールパイプからCFアルミダイキャストに変更され、1.5kgの軽量化に成功。スイングアームはシンプルな造形とし、高剛性かつ250g軽量となってスタビリティ向上に貢献する。シャーシの軽量化はトータルで2.3kgだ。

10本スポークとなったアルミ製ホイールはスピンフォージドという製法を採用。ヤマハの技術開発により最薄部ではなんと厚さ2mmまで追い込んでいるという。前後ホイールでトータル700gの軽量化を達成し、リヤホイールでは慣性モーメントを11%減少させた。これに組み合わせるブレーキは“YZF-R1タイプ”とし、フロントにはニッシン製ラジアルマスターシリンダーを採用している。フロントにはKYB製のフルアジャスタブルφ41mm倒立フォーク、リヤにはKYB製アジャスタブルショックを搭載した。

ヘッドライトはLEDプロジェクターで、逆ハの字のツインLEDポジションライトとともに未来的な表情をつくり出す。ボディデザインのテーマはミニマリスト“カバーレス”だ。ナンバープレートホルダーがスイングアームマウントから通常の位置に戻っているのもトピックだろう。車体色はストームフロー(Storm Fluo)、アイコンブルー(Icon Blue)、テックブラック(Tech Black)の3色がラインナップされる。価格は未発表。

もちろん日本への導入は間違いないだろうが、時期については情報を待ちたい。

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]スタイリングとカラーリング

【YAMAHA MT-09[2021 model]】主要諸元■全長2090 全幅795 全高1190 軸距1430 シート高825(各mm) 車重189kg(装備)■水冷4ストローク並列3気筒DOHC4バルブ 890cc 119ps/10000rpm 9.5kg-m/7000rpm 変速機6段 燃料タンク容量14L■キャスター25°/トレール108mm ブレーキF=φ298mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ245mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ※諸元は欧州仕様 ●価格&発売時期:未発表

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]Storm Fluo

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]Storm Fluo

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]Storm Fluo

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]Icon Blue

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]Icon Blue

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]Tech Black

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]Tech Black

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]Tech Black

YAMAHA MT-09[2021 model]ディテール

YAMAHA MT-09[2021 model]

ストロークを3.1mm伸ばすことによって890ccとなった新型3気筒エンジン。

YAMAHA MT-09[2021 model]

フレームデザインはややツインスパー寄りに。アルミ製CFダイキャストのデルタボックス構造だ。

YAMAHA MT-09[2021 model]

大胆なデザインとされた燃料タンクとシュラウド。

YAMAHA MT-09[2021 model]

各モードなどは左手元のボタンで。

YAMAHA MT-09[2021 model]

3.5インチTFTディスプレイとし、メーターまわりは極限までシンプル化。

YAMAHA MT-09[2021 model]

LEDプロジェクターヘッドライトに、LEDツインポジションランプを組み合わせる。

YAMAHA MT-09[2021 model]

フレームのスイングアームピボット部分はスイングアームの外側へ。従来はスイングアームが外側マウントだった。横剛性50%アップにも貢献している思われる。

YAMAHA MT-09[2021 model]

ラジアルマウントキャリパーにスピンフォージドアルミホイール。ストームフローと名付けられた新色は鮮やかな赤が印象的だ。

YAMAHA MT-09[2021 model]

KYB製のφ41mm倒立フォークはフルアジャスタブル。

YAMAHA MT-09[2021 model]

ニッシン製のラジアルポンプマスターシリンダーを採用。

YAMAHA MT-09[2021 model]

リヤショックもKYB製のアジャスタブルだ。

YAMAHA MT-09[2021 model]

スイングアームはトラス構造からシンプルなツインビームに。剛性アップと軽量化を達成。マフラーは左右に排気口があり、ともに下向きになっているが、日本仕様がこれを踏襲するかどうかは不明。

YAMAHA MT-09[2021 model]イメージカットほか

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]

YAMAHA MT-09[2021 model]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2