あの頃、輝いていた鮮烈な”色”

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム〈飲料ブランド編|メッツ/ネスカフェetc.〉

  • 2020/11/22
懐かしの青春スポンサーカラーアルバム〈飲料ブランド編|メッツ/ネスカフェetc.〉

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●写真:YMアーカイブス

空前のバイクブームに湧いた’80〜’90年代の日本。レース人気も隆盛し、多彩な企業がスポンサードしたマシンがサーキットに溢れた。思わず目を惹く印象的な色は、あの頃に青春を過ごした者達の胸に深く刻まれている。当時の彩り豊かなマシン群を本誌秘蔵フィルムから蔵出ししてお届けする。●飲料ブランド編:メッツ/キリンビバレッジ/ネスカフェ/テラ/伊藤園/エビアン

メッツ

’91鈴鹿8耐から栄光の#21を受け継いだキリンビバレッジRT。’92では今も販売中の炭酸飲料・メッツのカラーを施した。色は紫(グレープ味)と緑(グレープフルーツ味)のミックスだ。

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム〈飲料ブランド編|メッツ/ネスカフェetc.〉

[’92] メッツ:緑と紫の競演!

[写真タップで拡大]

[’89] メッツ:’89年から全日本や4耐をサポート。同色のTZRが当たる懸賞も大人気だった。

キリンビバレッジ

事業統合で’91年に生まれたキリンビバレッジ。この年、8耐に初参戦し、企業ロゴを大々的にアピールした。以降はメッツカラーとなるため、この年のみのレアなカラーリングだ。

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム〈飲料ブランド編|メッツ/ネスカフェetc.〉

[’91] キリンビバレッジ

ネスカフェ

世界的に有名なコーヒーブランド・ネスカフェは、’89年から全日本250に参戦した原田哲也+ヤマハワークスのメインスポンサーに。ホンダ岡田忠之との激闘が印象深いカラーだ。’91〜’92年には連続2位を獲得した。

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム〈飲料ブランド編|メッツ/ネスカフェetc.〉

[’90] ネスカフェ:シックながら記憶に残る

[’87] ネスカフェ:ネスカフェアメリカーナはシルバー地に赤×青のストライプが特徴。8耐は女性ペアで話題に。 [写真タップで拡大]

[’89] この年、白地となりストライプが太くなった。 [写真タップで拡大]

テラ

味の素が販売していたスポーツドリンクがテラ。「青テラ」は’87全日本250が元祖。’87~’89NSR250Rに設定され、見慣れた人も多いハズ。’89では全日本WGP500をサポート。WGP250には「銀テラ」で参戦した。

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム〈飲料ブランド編|メッツ/ネスカフェetc.〉

[’89] テラ

[写真タップで拡大]

[’87] テラ

伊藤園

全日本250のちいたぁ伊藤園レーシングは’88年発足。「お~いお茶」は’89年誕生で、当時はウーロン茶の方がメジャーだった。

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム〈飲料ブランド編|メッツ/ネスカフェetc.〉

[’88] 伊藤園

エビアン

フランス生まれのミネラルウォーター・エビアン。現在のTSRが運営し、’88年の8耐に出場した。

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム〈飲料ブランド編|メッツ/ネスカフェetc.〉

[’88] エビアン


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2