あの頃、輝いていた鮮烈な”色”

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム〈アパレルブランド後編|エドウィン/ボブソンetc.〉

●文:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●写真:YMアーカイブス

空前のバイクブームに湧いた’80〜’90年代の日本。レース人気も隆盛し、多彩な企業がスポンサードしたマシンがサーキットに溢れた。思わず目を惹く印象的な色は、あの頃に青春を過ごした者達の胸に深く刻まれている。当時の彩り豊かなマシン群を本誌秘蔵フィルムから蔵出ししてお届けする。●アパレルブランド〈後編〉エドウィン/ボブソン/ビームス/ニコル/シード

エドウィン

日本製ジーンズの雄・エドウィンは青いデニムカラーを採用。マシンはドリームNODAのNSR250Rで鈴鹿4耐に参戦。

[’88] エドウィン [写真タップで拡大]

ボブソン

国産ジーンズメーカーのボブソンはチームシンスケに協賛。ペパーミントグリーンが目印で、’89〜’92年までサポート。

[’89] ボブソン [写真タップで拡大]

ビームス

現在も有名なセレクトショップ・ビームス。’89年の8耐ではBEAMSホンダ・イクザワとして初出場&初優勝を飾った。

[’89] ビームス [写真タップで拡大]

ニコル

服飾ブランド・ニコルがミントレーシングを支援。マシンはBMW K75の縦置き3気筒をアルミフレームに搭載していた。

[’87] ニコル [写真タップで拡大]

シード

’87年から西武百貨店SEED館が8耐や全日本のホンダワークスをサポート。デザインは山本寛斎だ。同色は後に市販車にも設定された。

[’87] シード [写真タップで拡大]

[’88] シード:クールでモードな銀×黒×赤 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報