あの頃、輝いていた鮮烈な”色”

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム〈化粧品ブランド編|テック21/ギャツビーetc.〉

  • 2020/11/16
懐かしの青春スポンサーカラーアルバム〈化粧品ブランド編|テック21/ギャツビーetc.〉

空前のバイクブームに湧いた’80〜’90年代の日本。レース人気も隆盛し、多彩な企業がスポンサードしたマシンがサーキットに溢れた。思わず目を惹く印象的な色は、あの頃に青春を過ごした者達の胸に深く刻まれている。当時の彩り豊かなマシン群を本誌秘蔵フィルムから蔵出ししてお届けする。●化粧品ブランド編:テック21/ギャツビー/シック アドバンテージ

テック21

当時の国内レースシーンを代表するスポンサーカラーこそ「テック21」。資生堂による男性化粧品ブランドとして’80年代に登場し、’85年の8耐以降、全日本や日本GPでもスポンサーを務めた。

’85年、スター選手の平忠彦が初のワークス体制で8耐に参戦するヤマハとタッグを組んだ。ケニー・ロバーツとペアで臨んだ戦いは、残り30分、初出場&初優勝を目前としながらエンジンブローでリタイヤ。劇的なレース展開も相まって大きな話題となり、以降、8耐に多くのスポンサーが集まる契機となった。

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム|テック21

[’85] テック21:絶頂期を象徴する淡いブルー

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム|テック21
[写真タップで拡大]
懐かしの青春スポンサーカラーアルバム|テック21
[写真タップで拡大]

[’85] テック21:(左)スタッフも同カラーでゼッケンも21。(右)無念のリタイヤにうなだれる平。

以降、’86年の8耐で#21(平/C.サロン組)はリタイヤ、’87はウイマー/マギー組が優勝、’88では残り11分でリタイヤに。’89年には車体カラーを水色から白ベースに一新。この年は平/コシンスキー組が163周でリタイヤだった。

そしてカラーリングに銀×ブルーを採用した’90年、平がついに悲願の8耐初優勝を遂げ、それを見届ける形でスポンサードも終了となった。

[写真タップで拡大]

[’86] テック21:写真に見えるヘアムースは8耐記念ボトルで、限定21万本。

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム|テック21
[写真タップで拡大]
懐かしの青春スポンサーカラーアルバム|テック21
[写真タップで拡大]

[’89] テック21:水色から白ベースに一新。この年も平組はリタイヤだった。

[写真タップで拡大]

[’90] テック21:銀×ブルーを採用。平が念願の8耐初優勝を遂げた。

ギャツビー

男性化粧品マンダムによるブランド「ギャツビー」は、現在もおなじみ。’90年代から8耐や全日本でスズキ系プライベーターのスポンサーを務めた。

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム|ギャツビー

[’93] ギャツビー

シック アドバンテージ

創業1921年のカミソリブランド「シック」。’88年全日本で協賛を始め、辻本聡がRGV500Γ(写真)にライド。8耐にもGSX-R750で参戦した。

懐かしの青春スポンサーカラーアルバム|シック アドバンテージ

[’88] シック アドバンテージ

●写真:YMアーカイブス ●まとめ:沼尾宏明
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2