ハーレーダビッドソン静岡製カスタム

ロードグライド:バガーテイスト入りツアラーカスタム【ハーレーカスタムトレンドNEWS】

  • 2020/10/2
2015 FLTRXS ロードグライドスペシャル カスタム by ハーレーダビッドソン静岡

シャークノーズフェアリングとLED二眼ヘッドライトが特徴的なロードグライドスペシャル。カスタムでは大径ホイールや派手なカラーリングのバガースタイルがフューチャーされがちだが、実はツアラーとしてのポテンシャルが高い。ハーレーダビッドソン静岡が製作したこのカスタム車は、バガーテイストを取り入れつつツアラーとしての機能を向上させたオイシイとこ取りの1台だ。

バガーテイストを取り入れつつツアラーとしての機能を向上

ロードグライドスペシャルは、重いフェアリングをフレームマウントすることにより、ハンドリングへの影響を低減。走行中の安定性も高く、取り回しやすいことなども評価されており、今やツーリングファミリーの新定番となっている。カスタムでも快適性や実用性に加えて、デザイン性も追求したツアラースタイルが人気を集めているのだ。

ハーレーダビッドソン静岡が製作したこのカスタムは、バガーテイストを取り入れつつツアラーとしての機能を向上させた、オイシイとこ取りの1台だ。

2015 FLTRXS ロードグライドスペシャル カスタム by ハーレーダビッドソン静岡

【’15 FLTRXS ロードグライドスペシャル カスタム by ハーレーダビッドソン静岡】■走行距離:1万7300km 車検:なし ●価格:298万円(販売中) [写真タップで拡大]

まずは、攻撃的なデザインのアレンネス製モジューラーハンドルを装着。ボルトでプルバックの角度を調整できるので、バガースタイルらしい見た目と操作に適したライディングポジションを両立できるのがポイントだ。

[写真タップで拡大]

プルバックの絞り角度を調整できるアレンネス製のモジューラーハンドルを装着し、バガーらしいルックスとポジションを獲得。

また、低く長いスタイルを演出する純正オプションのストレッチサドルバッグとストレッチフェンダーを採用。リアのツアーバックラゲッジもチョップされた薄いタイプを取り付け、積載量を増やしながらスマートなフォルムを形成。バガーらしさを盛り上げている。

[写真タップで拡大]

ストレッチサドルバッグに換装し、低く長いスタイルを演出。ヒンジカバーもアルミビレットに。

[写真タップで拡大]

スマートなバックレスト付きチョップツアーバックラゲッジを装着。LEDライトを備えたスポイラー付きでクール!

一方で、マンバ製バックギアやETC車載器を採用し、ツーリングの実用的な機能も追求している。フェアリングをブラックでまとめつつ、アルミのビレットパーツやクロームパーツで質感をプラス。重厚なウルトラとは一線を画したスタイリッシュさが魅力だ。

[写真タップで拡大]

ツーリング先での取り回しに重宝するマンバ製バックギアを装備。

[写真タップで拡大]

ラバーを配してソフトな握り心地を実現したアレンネス製ソフトタッチディープカットグリップを装着。

[写真タップで拡大]

ストレッチサドルバッグの丈に合わせて、LEDライト付きのストレッチリアフェンダーをセット。

[写真タップで拡大]

ベント付きのロワーフェアリングキットを装着し、ロングツーリング仕様に。

[写真タップで拡大]

標準装備ではプライマリー下を通っているエキゾーストパイプを上へレイアウト。スッキリした取り回しに。

[写真タップで拡大]

ブレーキペダルを変更。グリップしやすいラバーのレイアウトで、長距離走行の疲労を軽減。

●文:Tsugusa Morita ●写真:伊勢悟 ●取材協力:ハーレーダビッドソン静岡
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

固定ページ:

1

2