50~400ccのバイク用エンジンを年間8万基生産

欧州ヤマハとファンティックが戦略的パートナーシップを強化|エンジン製造会社の株式を譲渡

  • 2020/10/8

ヤマハ発動機の子会社で、欧州における製品販売を行う「ヤマハモーターヨーロッパ」は、2020年10月7日、イタリアで二輪車エンジンの製造を行うグループ会社「モトーリ・ミナレリ」の全ての発行済み株式を、業務提携を進めている「ファンティックモーター」へ譲渡する決定を下した。

欧州の小排気量バイク向け汎用エンジンで大きなシェア

Yamaha Motor Europe N.V.(ヤマハモーターヨーロッパ、以下YME)」は、10月7日(現地時間)、イタリアで二輪車エンジンの製造を行うグループ会社「Motori Minarelli S.P.A.(モトーリ・ミナレリ、以下MM社)」の全ての発行済株式を、業務提携を進めている「Fantic Motor S.P.A.(ファンティックモーター、以下ファンティック社)」へ譲渡することについて、EWC(欧州労使協議会)への協議を申し入れるとともに、MM社の地域労使協議会への通知を行った。

譲渡先のファンティック社は、イタリアで二輪車や電動自転車の製造・販売を行っており、MM社も長期的なビジネスパートナー。今回の株式譲渡は、ヤマハ発動機とファンティック社とのパートナーシップを強化することが狙いだという。ファンティック社への株式譲渡契約など一連の手続きはEWCとの協議に基づき、年内完了を予定している。

MM社は、50〜400ccの二輪車用エンジンを年間8万基生産しており、ヤマハの欧州における二輪車製造子会社MBK Industrie S.A.S(フランス)に加え、譲渡先のファンティック社を含む、欧州域内の他の二輪車メーカーにもエンジンを供給している。

ちなみに、MM社とファンティック社との協業は1970年からスタートしているほか、欧州で販売されるヤマハYZF-R125やWR125といったマシンのエンジンもMM社が製造しているものだ。

この提携は、ヤマハ発動機のグローバルなエンジン製造戦略に沿ったものであり、グローバル展開によるエンジンプラットフォームの効率化や、エンジン製造の統合による生産能力の最適化を目指したもの。ヤマハ発動機とファンティック社の長期的なパートナーシップにより、MM社はエンジン供給を中心とした事業活動を継続するとともに、将来的には供給範囲の拡大も目指すという。

●情報提供:ヤマハ発動機
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事