30秒の映像で聞こえるサウンドとは……

ホンダがインドで謎のティーザー動画を公開! ビッグシングルのビンテージスタイルか

  • 2020/9/20

ホンダのアジア圏におけるビッグディーラー「ホンダビッグウイング」のインド国内SNSおよびYouTubeチャンネルにおいて、出てくるのは文字とサウンドだけという謎のティーザー動画が公開された。映像内の予告によれば、マシンの正式発表は2020年9月30日だ! ※タイトルカットのマシンはGB500ツーリストトロフィー(1985)

ロングストロークのシングルサウンドは歯切れのよさも抜群!

ホンダインディアは、アジア圏のホンダディーラー系列である「ホンダビッグウイング」のSNSなどで公開されたティーザー動画をシェアする形で紹介。文字とサウンドだけで内容についてはかなり謎が残されるが、少なくとも2020年9月30日になんらかの発表がされることは間違いなさそうだ。

映像では、「Get ready for the roar of the HIGHNESS(殿下の咆哮に備えよ)」「A world-famous legacy(世界的に知られる遺産)」「A majestic style(荘厳なスタイル)」「An unforgettable roar(忘れがたきその咆哮)」と文字が続き、ロングストローク気味と思われるシングルエンジンのサウンドが、始動して走り去るところまで収録されている。

“殿下の咆哮に備えよ”(意訳) [写真タップで拡大]

“世界に轟く我らの遺産”(意訳) [写真タップで拡大]

“荘厳な佇まいを見よ”(意訳) [写真タップで拡大]

バイクの形として想像できるのは、ホンダの遺産として多くのユーザーに認知されているであろう過去のバイクに対するオマージュが盛り込まれていることと、おそらく単気筒エンジンで排気量は250ccよりも大きいものを搭載しているであろうことだ。となると、インドでは国産のロイヤルエンフィールドが非常に大きなシェアを持っており、その市場へのチャレンジとしてリリースされるマシンなのではないか、とも受け取れる。

ロイヤルエンフィールドはINT650がイギリスで月間ベストセラーに輝いたこともあるなど、世界でも存在感を増している。しかも、ロイヤルエンフィールドのバイクのラインナップは、その歴史からリアルビンテージとして認識されている。最新の並列2気筒エンジンを搭載したマシンも、中身は現代的ではあるものの英国時代からの伝統を強く意識したものだ。

インドではコミューターと大型モーターサイクルは市場が完全に別物で、ユーザー層もまったく異なっている。そこに勝負を仕掛けるホンダのネオクラシックシングルは、どのような遺産を背景としているのだろうか……。

ティーザー動画の最後に表示される文字の上には、王冠のようなロゴも見て取れる。となると、ブリティッシュスポーツの流れを汲んだデザイン? もしもそうならば、GB500TTのようなバイクも考えられるだろう。さらには、日本市場への導入はあるのかないのか。まだまだ想像するしかない段階だが、今から9月30日が楽しみで仕方がない!

【映像】Hear the roar of Your Highness

最新の記事

固定ページ:

1

2