MotoGPで培った技術を惜しみなく投入

ミシュランの公道走行可能なサーキット用スポーツタイヤ「パワーカップ2」がKTM「890デュークR」に採用

  • 2020/9/19
ミシュラン・パワーカップ2がKTM 890 DUKE Rに採用

日本ミシュランタイヤは、ミシュランの公道走行可能なサーキット用スポーツタイヤ「MICHELIN POWER CUP 2(ミシュラン パワー カップ ツー)」をKTMの新型ミドルクラスネイキッド「KTM 890 DUKE R」の純正タイヤとして供給開始したことを発表した。

ケーシングにアラミド繊維を採用したレース技術直系モデル

日本ミシュランタイヤは、ミシュランの公道走行可能なサーキット用スポーツタイヤ「MICHELIN POWER CUP 2(ミシュラン パワー カップ ツー)」をKTMの新型ミドルクラスネイキッド「KTM 890 DUKE R」の純正タイヤとして供給開始したことを発表。サイズはフロント120/70ZR17/リヤ180/55ZR17となる。

このMICHELIN POWER CUP 2は、公道走行可能なサーキット用スポーツタイヤであり、レースからサーキット走行まで、よりアグレッシブなライディングを楽しむために開発されたもの。KTM 890 DUKE Rのパワフルな走りを余すところなく引き出すことに貢献する。

ミシュランはMotoGPで培った技術を惜しみなく投入。ケーシングには軽量で強度の高いアラミド繊維を採用することで、タイヤ自体の軽量化と軽快な路面タッチを実現した。ミシュラン独自の金型技術が可能にするベルベット調のサイドウォールデザインがバイクに躍動感を与え、外観からもそのパフォーマンスの高さをアピールする。

ミシュラン・パワーカップ2がKTM 890 DUKE Rに採用

【上段】フロントに2CT、リヤには2CT+を採用。1本のタイヤの中で、タイヤ中央部とショルダー部で異なるコンパウンドを使い分ける。最適化された配合率のシリカコンパウンドとカーボンブラックを適用した。【下段】ケーシングには軽量で強度の高いアラミド繊維を採用。軽量化とレスポンス向上に貢献する。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

レーザー技術による金型が成型するサイドウォールデザインは、バイクに躍動感を与えるベルベット調のコントラストを映し出す。

最新の記事

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)