ユーロ5切り替えで新作ラッシュか?!

レジャーバイク&スクーターの未来はホンダが切り拓く?!【バイク新車近未来予想】

  • 2020/9/4
ホンダ ユーロ5切り替えで125ccクラスに新作ラッシュか【バイク新車近未来予想】

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページでは小排気量のレジャーバイク&スクーターについて、この市場を牽引するホンダの今後の展開について予想する。

ホンダの原二パラダイス。スクーターも先鋭化の動き

近年、小排気量のレジャーバイクを旺盛にリリースしているホンダ。いずれも好調で、最新作のCT125ハンターカブに至っては予約が殺到している状態だ。この流れはまだまだ続きそうな予感。

モンキー125が完全新設計で50からバトンタッチして、’21年で4年目。スーパーカブC125からCT125ハンターカブが派生したように、モンキー125にバリエーションモデルが登場しても何ら不思議ではない。 

モンキーの兄弟車と言えば、真っ先に思いつくのは、やはり「ゴリラ」。ビッグタンクや肉厚シートでカワイイ系マッチョな外観を与え、アップハンドルに前後キャリアで実用性も備えていた。小変更でイケる気もするが?

もう1台考えられるのが、」以前ヤングマシン本誌企画・YMラボで提唱した「ダックス」。コチラも初代はモンキーがベースで、ダックスフンド風の胴長短足フォルムが愛らしい。ゴリラに比べ、元祖を再現するのが難しいが、ぜひお願いしたい! 

また、スクーターについても刷新が相次ぐと予想。フォルツァは可変バルブ、PCXは4バルブ化など、一層メカが豪華になる?

ホンダ ゴリラ125:お猿ベースでまずはゴリ?!

大猿化したモンキー125の派生モデルは、意外にも現在まで未発売だ。「ゴリラ125」は、外装の着せ替えで実現できそうな雰囲気!? 現行モンキーのタンク容量は5.6Lだが、ゴリラ125は元祖に倣い9Lほど欲しい。

ホンダ ゴリラ[予想イメージ]

HONDA GORILLA 125[予想イメージ]

ホンダ モンキー125 ABS

■空冷4スト単気筒 124cc 9.4ps 1.1kg-m 107kg(装備) ●税込価格:44万円 [写真タップで拡大]

【ベース:MONKEY 125〈ABS〉】半世紀以上を駆け抜けた50に代わってデビュー。グロムがベースになり車体は大型化したが、元祖のフォルムを継承し、安定感も高い。

ホンダ ゴリラ

■空冷4スト単気筒 49cc 2.6ps 0.3kg-m 59kg(乾燥) [写真タップで拡大]

【オリジナル:’78 GORILLA】

ホンダ DAX 125:お猿ベースでお次はダックス?!

ダックスは細身バックボーンフレームが特徴で、シート下に燃料タンクを収める。予想イメージCGはモンキー125に細長いインナータンクを置いてダックス風カバーを被せたイメージ。「胴」が太くなるが、コレもアリ!?

ホンダ ダックス125 イメージCG

HONDA DAX125[予想イメージCG]

ホンダ ダックス ST50

■空冷4スト単気筒 49cc 4.5ps 0.37kg-m 64kg(乾燥) [写真タップで拡大]

【オリジナル:’69 DAX HONDA ST50】

〈次のページは…〉スクーターの未来展望(フォルツァ、PCX)
固定ページ:

1

2 3