ウエットの中、SP-MID/S85の2クラスを制した

56RACINGがレース活動再開! ミニバイク育成ライダーたちがそれぞれのクラスで優勝&上位入賞

  • 2020/8/3

コロナ禍の影響で延期されていたレースが次々に再開されている。世界選手権だけでなく、将来のMotoGPライダーを目指すような若者ライダーたちも、それぞれのレースでチャレンジを開始した。もちろん、中野真矢さん率いる56レーシングも例外ではない。

56レーシングは桶川スポーツランドで行われた関東ロードミニ選手権に参戦

中野真矢さんが若手ライダー育成のために主宰している「56レーシング(56RACING)」は、今シーズンはミニバイククラスを主戦場としてレース活動を行なっている。ライダーラインナップもグッと若返り、2020年2月時点のチーム体制発表時には小学6年生だったほどだ(現在は中学1年生)。

関東ロードミニ選手権2020 第2戦・桶川スポーツランドで56レーシング所属のヤングライダーがS85クラス決勝1位/3位に入った。右から中野真矢監督、S85クラス1位の山根昇馬選手、同3位の小田喜阿門選手。 [写真タップで拡大]

2月23日に行われた開幕戦ではミニバイク育成ライダーの小田喜阿門選手がSP-MIDクラスで決勝10位、山根昇馬選手がSP-EXPクラスで決勝12位となっていたが、その後はコロナ禍でレース活動も中断。そしてMotoGPをはじめとした様々なレースのスケジュールが再開され、8月9日に全日本ロードレースも開幕。地方選手権も再開されはじめた。

今回、56レーシングが参戦したのは関東ロードミニ選手権2020の第2戦。桶川スポーツランドで7月26日に決勝が行われた。天候はあいにくの雨となったが、小田喜阿門選手はSP-MIDクラスで[予選1位/決勝1位(出走13台)]を獲得。S85クラスでは[予選2位/決勝3位(出走14台)]となった。チームメイトの山根昇馬選手はSP-EXPクラスで[予選7位/決勝5位(出走17台)]となり、S85クラスでは[予選3位/決勝1位(出走14台)]を獲得。ともにダブルエントリーしたうちの1クラスで優勝を遂げた。

また、MotoGPも再開され、CEV Moto3にアジアタレントチーム(Asia Talent Team)から参戦中の松山拓磨選手も、ポルトガルで行われた開幕戦で9 位に入るスタートを切った。全日本ロードレースには56レーシング卒業生の名越選手・埜口選手も参戦するので、8月9日・10日のスポーツランドSUGOに注目していきたい。

#56山根昇馬選手と#62小田喜阿門選手。 [写真タップで拡大]

S85クラスで表彰台の中央に立った山根昇馬選手、同3位の小田喜阿門選手。 [写真タップで拡大]

情報提供:56RACING
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2