YMショートニュース

原付二種免許の新規取得者が過去最多に【AT小型限定が24%増加】

  • 2020/7/9

警察庁の資料によると、’19年に二輪免許を新規取得した人は前年比で2118人増の32万5113人。年々減少していたが、実に14年ぶりのプラスとなる。

その後押しとなったのが、オートマ125ccまで乗車できるAT小型限定普通二輪免許(いわゆる原付二種免許)。過去最多を更新する2万642人で、前年から4036人増(24.3%増)を記録し、10年連続で増加した。’18年に1日の教習時限制限が3→4時限に緩和された影響がやはり大きいだろう。

普通二輪および大型二輪免許も取得者が増加している。400ccまで運転できる普通二輪免許は、前年から7366人増(4.6%増)の16万8842人(AT小型限定も含む)。これで2年連続のプラスとなった。

大型二輪免許は7万4183人で、前年比3347人増(4.7%増)。昨年12月から大型二輪AT限定の排気量制限が650cc→無制限となっており、今年以降に変化があるか。

なお50cc以下限定の原付免許は、前年比8595人減(9.5%減)の8万2088人で、長年、減少が続いている。

原付二種免許の新規取得者が過去最多に

二輪車新聞調べ [写真タップで拡大]

●まとめ:沼尾宏明
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事