二輪車利用環境改善部会レポート#21

新型コロナ禍でバイクの通勤・通学利用者が増えていた。駐車環境整備の議論を!

公表されている’20年3月以降の販売台数や出荷台数、販売店主の声などによると、やはり新型コロナ禍でバイクの需要が高まっている。特に都市部に流入する通勤・通学利用者のバイクが増えているようだ。前稿では、そうしたバイク利用者を受け入れる側として、行政の対応、駐車場整備における課題認識の転換について提案したが、本稿では民間の駐車場事業者に話を聞いた。

バイクの通勤/通学利用は全体で1.6倍に増加

関連記事
2020/04/28

東京都の関連団体である東京都道路整備保全公社は、バイク駐車場の整備拡充に取り組んでおり、現在では収容台数約1200台をキープしているが、民間の駐車場事業者と同じく、利用台数については微減となっている。[…]

関連記事
2020/04/01

2019年4月、バイク駐車場の整備・運営等を事業としている東京都道路整備保全公社が、駐車場を経営する事業者らを対象とした自動二輪専用駐車場整備に関する助成条件を緩和した。簡単に言うと、以前はバイク駐車[…]

関連記事
2020/03/02

近年、ラストワンマイルの移動や高齢者の免許返納後のモビリティとして、電動キックボードや電動車イスのような"多様なモビリティ"をどう活用していくか、という議論が活発に行われている。2019年に経産省が主[…]

関連記事
2020/02/03

今、東京都は電動バイクの普及促進事業を行っている。国(経済産業省)による購入補助金に加え、地方自治体としての購入助成制度を運用し、電動バイクの普及を目指しているのだ。これは、東京都が制定した環境基本都[…]

関連記事
2020/01/14

事業者も利用者もうれしい。社会課題の改善にも寄与 平成18年(2006年)の道路法改正後に路上(歩道)への設置も増えた時間貸し駐車場が、今では利用が減り赤字になる場所もある(詳細は前稿)。旧来の駐車シ[…]

あなたにおすすめの関連記事