ADV150、W800、KATANA、Z900RS…

’20新作カスタムスタイル〈プロト〉×5モデル【ADV150 W800 etc.】

  • 2020/6/23
'20新作カスタムスタイル〈プロト〉×5モデル【ADV150 W800 etc.】

ホンダADV150カスタム:話題のSUVスクーターにカスタムパーツが続々登場

’20モデル注目のADV150にカスタムパーツが登場。車両生産国であるタイのホンダ系アクセサリブランド・H2Cや、やはりタイのビレットパーツメーカー・BIKERSが展開する各種車体パーツや、MRAの延長スクリーン、そしてプロト渾身のツーリングバッグブランド・IGAYAのキャンプバッグでまとめ上げ、普段の街中からヘビーデューティなツーリングまで楽しめそうなマシンに仕上がった。

ホンダADV150 プロトカスタム

【ホンダADV150 プロトカスタム】主要装備パーツ ■MRAエクスクリーン スポーツ スモーク ユニバーサル:1万3310円 ■H2Cウインドスクリーン:7480円 ■H2Cヘッドライトガード:1万6280円 ■H2Cリアキャリア:1万1220円 ■BIKERSエキゾーストプロテクター:1万6720円 ■IGAYAキャンプツーリングシートバッグ:1万4080円 [写真タップで拡大]

ホンダADV150 プロトカスタム

H2CのスモークスクリーンにMRAのエクスクリーンを追加。角度を調整できるので、シチュエーションに合った防風性能を得られる。 [写真タップで拡大]

ホンダADV150 プロトカスタム

H2C製のリヤキャリア。天板サイズは約145×110mmで、ステーにはタンデムグリップも備えた実力派のアイテムだ。 [写真タップで拡大]

ホンダADV150 プロトカスタム

BIKERS製のエキゾーストプロテクター。万が一の転倒などからマフラーの損傷を抑えてくれる。ドレスアップとしても効果的だ。 [写真タップで拡大]

ホンダADV150 プロトカスタム

強靭な1680Dバリスティックナイロンを素材に旅に求められる性能を追求した、IGAYAのツーリングバッグ。両サイド開閉機構も便利。 [写真タップで拡大]

カワサキW800カスタム:優雅な旅を楽しみたくなる

フロント19インチの新W800に、ウインドスクリーンやリヤキャリア、サイドバッグを装備し、車両の持つクラシカルなイメージを崩さず、のんびりと優雅なツーリングを楽しみに行きたくなるようなライトカスタムだ。スクリーンにはMRA、リヤキャリア&サイドバッグサポート、バッグにはヘプコ&ベッカーの製品を使用。サイドバッグはC-Bowシステムでソフトバッグからハードケースまで対応する。

カワサキW800 プロトカスタム

【カワサキW800 プロトカスタム】主要装備パーツ ■MRAスタイルシールド:8030円 ■MRAマウンティングキット:5280円 ■ヘプコ&ベッカーリアキャリア:3万4100円(クローム) ■ヘプコ&ベッカーC-Bowサイドキャリア:3万6300円(クローム) [写真タップで拡大]

カワサキW800 プロトカスタム

スクリーンは、MRAのスタイルシールド クリアタイプ。汎用品だがW800へのマッチングはバッチリで雰囲気は抜群。 [写真タップで拡大]

カワサキW800 プロトカスタム

ヘプコ&ベッカーのC-Bowサイドキャリアは、ロックキーを使って対応するバッグ&ケースをワンタッチで脱着できるアイテムだ。 [写真タップで拡大]

スズキKATANAカスタム:車検も安心の政府認証マフラー

人気のアクラポヴィッチ・スリップオンを日本国内でも安心して使用できるようにするためにJMCAの政府認証を取得したほか、MRAのスポイラータイプスクリーンやプロト製のフェンダーレスキットを装着。足元に超強力なブレンボのGP-4RXキャリパーを装着しているのも見逃せないポイントだ。さらにEFFEXのローダウンCOMPキットで20mmダウンを行い、足着き性も向上させている。

スズキKATANA プロトカスタム

【スズキKATANA プロトカスタム】主要装備パーツ ■MRAスクリーンスポイラー スモーク:1万5730円 ■アクラポヴィッチスリップオンチタンJMCA:11万8800円 ■PLOTフェンダーレスキット:1万6500円 ■ブレンボGP-4RXキャリパー:24万2000円 [写真タップで拡大]

スズキKATANA プロトカスタム

アクラポヴィッチのスリップオンチタンはJMCA政府認証品。KATANAの他にGSX-S1000/Fも装着できる適合車種範囲に含まれている。 [写真タップで拡大]

スズキKATANA プロトカスタム

フェンダーレスキットでナンバープレート位置を移設。製品は純正のナンバー灯やウインカーを再使用するようになっている。 [写真タップで拡大]

カワサキZ900RSカスタム:こちらも政府認証

Z900RS用のアクラポヴィッチマフラーもJMCA政府認証を取得して国内での安心使用が実現した。またデモ車両は、ハンドルまわりをEFFEX製品とブレンボ製品でカスタムしており、走りをより楽しめるよう仕上げられている。

カワサキZ900RS プロトカスタム

【カワサキZ900RS プロトカスタム】主要装備パーツ ■アクラポヴィッチ スリップオンライン チタン ブラックJMCA:11万7700円 ■イージーフィットバーPlusブラック:1万780円 [写真タップで拡大]

ヤマハ セロー250カスタム:まだまだ旅は現役

ファイナルを迎えたセロー250には、EFFEXのハンドルバー&グリップヒーター、RAM MOUNTSのXグリップ・スマホマウント、IGAYAのシートバッグなどでツーリング性能を強化。シートにはゲルザブDを被せて疲れにも対処。

ヤマハ セロー250 プロトカスタム

【ヤマハ セロー250 プロトカスタム】主要装備パーツ ■IGAYAミドルツーリングシートバッグ:1万1880円 ■EFFEXスーパーバー汎用Type-2 カモ柄&センタースタンド:参考出品 [写真タップで拡大]

●まとめ:宮田健一 ●写真:箱崎大輔 鶴身健 真弓悟史 ●取材協力:プロト
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2