世界初&日本初、二輪車技術進化の歴史

時代を切り拓いた革新のエポックマシン:ホンダVFR400R【世界初・プロアーム】

  • 2020/4/21
’87 HONDA VFR400R

●文:沼尾宏明 ※本記事で取り上げる「初」は、公道走行可能な量産二輪市販車としての”初”を意味します。なお、その定義には諸説ある場合があります。
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

’87 ホンダVFR400R〈世界初・プロアーム〉タイヤ交換に有利、外観も秀逸

400初のVF400FをベースにしたV4ワークスレーサー=RVF400に倣い、レプリカとして’86年に登場したモデルが初代VFR400R(NC21)だ。心臓部の水冷90度V4は新たにカムギアトレーンを投入。これを極太のダイヤモンド式アルミフレームに搭載し、高い戦闘力を発揮した。翌’87年、片持ち式スイングアームのプロアームを採用したII型(NC24)にチェンジ。プロアームは、タイヤ交換時間の短縮など様々なメリットがあるが、何よりレーシーなルックスが話題に。’89ではRC30ソックリに生まれ変わり、一段と高い支持を受けた。

【’87 HONDA VFR400R】■車重164kg(乾) 水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 399cc 59ps 4.0kg-m ●当時価格:67万9000円

’87 HONDA VFR400R

3世代目のNC30でフルチェンジ。マフラーが左出しとなり、さらにプロアームを強調したデザインに。5角断面フレームや丸2眼ヘッドライトも採用し、身近に買える400版RC30として大人気を博した。 [写真タップで拡大]

’87 HONDA VFR400R

【まさにレース向け】タイヤ交換時にアクスルシャフトを抜く必要がなく、排気管やマフラーのスペースが取りやすいのもメリット。当時は両持ちより高剛性とされ、バネ下重量の軽減も長所として謳われた。 [写真タップで拡大]

’87 HONDA VFR400R

【耐久レーサー譲りのシステム】プロアームは、’85年の世界耐久レーサー=RVF750から投入。見事、’85~’86年に連覇し、’86年の8耐でも優勝を果たした(写真はストリップ)。元々はelfとホンダが共同開発した技術で、ホンダが特許を買い取った経緯がある。 [写真タップで拡大]

最新の記事

固定ページ:

1

2