’20合法マフラー最新事情&逸品図鑑

’20合法マフラー逸品セレクション【ストライカー for Z900RS】

  • 2020/4/19
'20合法マフラー:ストライカー for Z900RS

バイクカスタムの真髄として確かな存在意義を持つ「合法マフラー」。その普及に取り組むマフラーメーカー8社が開発・販売している自信作を紹介。ストライカーは、こだわりのスタイルに絶対性能の公道マフラーづくりに取り組んでいる。

(※本記事は新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言の発出以前に取材を行ったものであり、宣言期間中の不要不急のバイク走行を推奨する意図はありません)

●取材/文:宮田健一、川島秀俊 ●撮影:川島秀俊、松井慎、山下博史 ●取材協力:カラーズインターナショナル

まず何よりマフラーはデザインが大事

カラーズインターナショナルのカスタムブランド・ストライカーのマフラー作りはユニークだ。代表の新辰朗氏が「マフラーはまず見た目が大事。サイレンサーが徐々にアップしていく角度や全体的なバランスが重要なんです」と語るように、デザインから入り内部の仕様を決めていくというもの。

そして(1)パワーアップ、(2)運動性能、(3)スタイル、(4)軽量化、(5)車検対応を軸に展開するのが「ストリートコンセプト」シリーズだ。

Z900RS用のフルエキでは、跳ね上がったスタイルが実にレーシー。集合内部をセパレートすることで4in1スタイルとしながら4in2in1の特性を実現するといった手法も取られている。そして圧巻はすべてのレンジでのパワーアップと4kg台というその重量。実にノーマル比で約75%の軽量化となり、スタイル優先と言いながら性能にも妥協がないのは見事だ。

そのため消音材も厳選しているとか。性能優先で成形されていないものを使っているため、グラスウールがなじむまでの100〜200km程度はゆっくり走ってもらうようユーザーに説明している。そうすると音質もより良くなり、長く乗ったときの劣化も遅くなるという。

'20合法マフラー:ストライカー for Z900RS

【Z900RS用STREET CONCEPT チタンフルエキゾーストJMCA(チタンヒートカラー)】チタンヒートの焼け色も美しいサイレンサーは、近接90dB&加速82dBで政府認証取得。同価格でチタンソリッドも発売されている。●重量:4.2kg(STD11.9kg) ●税込価格:21万7800円 

'20合法マフラー:ストライカー for Z900RS

サイレンサー内部は、隔壁を設けた複数室構造でパワーと両立しつつ公道で使用可能な音量まで消音。

'20合法マフラー:ストライカー for Z900RS

エキゾーストパイプ上部は、テーパー形状のコニカルヘッダーで流速をコントロール。優れた特性を引き出している。

'20合法マフラー:ストライカー for Z900RS

同社製のバックステップとはクリアランスも十分に確保して設計。

'20合法マフラー:ストライカー for Z900RS

セラコートを施した特別仕様(税込27万5000円)も受注生産。

その他の車両にも展開

'20合法マフラー:ストライカー for XSR900

【XSR900用”INTER MODEL” SCフルエキゾースト OFF-Type B JMCA】カーボンエンドがレーシーな、インターモデルOFF-Typeサイレンサーを装備したチタンフルエキゾースト。重量はSTD比4.6kg減の3.9kg。●税込価格:22万5000円

'20合法マフラー:ストライカー for Ninja250/400

【Ninja250/400(’18〜)用”INTER MODEL” SC SLIP-ON OFF-Type B JMCA】人気のNinja250/400に最適な1.5kgの超軽量スリップオン。サイレンサー色はチタンソリッドとチタンヒートの2つが揃っている。●税込価格:9万7900円

最新の記事

ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。