サンデーメカニックなら絶対に欲しい

マイガレージの使い勝手と雰囲気を決める大型工具箱=ツールキャビネット×おすすめ5選

  • 2020/3/18
ワールドインポートツールズ横浜

サンデーメカニックにとって永遠の憧れ=マイガレージ。その自分だけの城を作り上げるにあたって、実用性はもちろん、スタイルの演出にも欠かせないキーポイントとなるのが、大型の工具箱=ツールキャビネットの存在だろう。世界の名品工具について国内屈指の展示数を誇る「ワールドインポートツールズ横浜」へ赴き、個性あふれる世界の名箱群からオススメの5点をセレクトした。

●文:モトメカニック編集部 ●取材協力:ワールドインポートツールズ横浜

バーコ製 ロールキャビネット

かつて90 年代初頭にはサンドビック・バーコとして知られた、スウェーデンにルーツを持つモンキーレンチのパイオニア・バーコ。現在はアメリカのスナップオン傘下となっている。この美しい工具箱は北欧をイメージさせる最新作だ。

ワールドインポートツールズ横浜
(左)BAHCO 5dr ロールキャビネット WIT価格:9万5450円(税抜、以下同)

ダルトン製 金属部品箱

欧米ビルダーのワークショップは、我々日本のサンデーメカニックとは明らかに異なる雰囲気のワークスペースを持っているのが特徴だ。そのひとつが、昔ながらの道具箱。とにかく頑丈なものを使っていてカッコイイ!! この積み重ねタイプの道具箱も、雰囲気満点だ。

ワールドインポートツールズ横浜
(右)ダルトン製金属部品箱 WIT価格:4200 円(小)、7800円(大)

シグネット セット工具

サンデーメカニック入門用としても最適なのがこの工具セット。シグナル・ネットワークから「シグネット」と命名された同社製セットは、間違いなくお買い得と言えるだろう。

ワールドインポートツールズ横浜

SIGNET セット工具 WIT価格:4万3000 円

ブルーポイント製 ツールキャビネット

カラーバリエーションが8色と豊富で圧倒的なオシャレ度を誇るのがこの最新型ツールキャビネット。作業中にはセンターを引き出すことで、メカニックの足元を確保できる。ステンレスカバーをしつらえた天板はケミカルをこぼしても拭き取りが楽だ。

ワールドインポートツールズ横浜

ブルーポイント製ツールキャビネット WIT価格:48万6600円

ベータ製 ツールキャビネット

ショップの入り口正面に展示されているだけに、WIT 横浜イチオシの工具箱ととらえて良いかもしれないイタリアのベータ製ツールキャビネット。ベータオレンジがとにかく鮮やかで、ガレージの雰囲気を一気に高めてくれる。

また、現場での転がし歩きもできるツールトローリーは、省スペースユースで使い勝手が良好。金属ボディで樹脂製パーツボックスを付属する。トップチェストは取り外し可能で工具箱としての機動性を高めている。

ワールドインポートツールズ横浜

〈左〉ツールキャビネット本体(2種・別売) WIT価格:15万8000円(手前)、 17万9800円(奥)〈右〉ツールトローリーCH41 WIT価格:5万9800円

取材協力:ワールドインポートツールズ横浜

今回紹介した工具箱をセレクトするにあたっては、外車国産車、二輪四輪を問わず、プロメカニックに信頼される工具専門店「ワールドインポートツールズ(WIT)横浜」に協力を仰いだ。この頼れる工具ショップの詳細については、別の記事で詳しく紹介しているので、そちらもぜひご覧あれ。

ワールドインポートツールズ横浜
ワールドインポートツールズ横浜:神奈川県横浜市都筑区荏田南1-17-4(駐車場あり)

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトメカニック編集部

モトメカニック編集部

記事一覧を見る

惜しまれながら休刊したモトメンテナンス誌が、制作スタッフもそのままにモトメカニックとして復活! サンデーメカニックに向けた整備の仕方や工具の選び方、便利なツールの紹介などを介して“バイクライフを楽しみ方”を紹介していきます。