充電進捗状況をディスプレイで確認

最新バッテリー充電器の使い勝手は?【デイトナ ディスプレイバッテリーチャージャー】

  • 2020/2/26
デイトナ ディスプレイバッテリーチャージャー

デイトナの「ディスプレイバッテリーチャージャー」は、大型バイクから四輪普通自動車まで利用可能で、さまざまな機能を持つ高機能な充電器。『モトメカニック』誌編集スタッフも常用する役立ちアイテムを紹介しよう。

●文:モトメカニック編集部 ●取材協力:デイトナ
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新式充電器の使い勝手は?

ロングツーリングが大好きなオーナーに多い電気デバイス装備のカスタマイズ。そんな電気好きユーザーなら、絶対にやっておきたいのがバッテリーのメンテナンスだ。

乗らないタイミングには昼夜を問わずバッテリーを充電しっ放し=つなぎっ放しにできるバッテリーチャージャーは便利だが、モトメカニックスタッフが愛用している商品がデイトナの「ディスプレイバッテリーチャージャー」だ。電圧テスターとして使用できるのも特徴で、本体は防滴・防塵仕様。大型バイクから四輪普通自動車まで利用可能で、接続時には現状判断を優先。最大6工程で充電を行なう。サルフェーションなどによるコンディション低下を判断すると、サルフェーション除去機能が働いた後に充電するなど、高機能充電器なのだ。

対応バッテリーはバイクなら2.2Ah〜28Ahで、四輪なら27Ah〜80Ah となっている。バイクに乗る機会が減る時期にこそ、バッテリーメンテナンスに目を向けたい。

デイトナ ディスプレイバッテリーチャージャー

【デイトナ ディスプレイバッテリーチャージャー】単純に+の赤線と−の黒/アース線を接続して家庭用電源にコンセントを差し込むだけのバッテリーチャージャーながら、あと何分くらいで充電完了と、バッテリーの現状をパネル表示してくれるのが嬉しく楽しい。●品番:91875 ●税抜価格:1万4800円
[写真タップで拡大]

パネル表示のディスプレイを二輪⇔四輪と変更

充電器本体のパネルにあるモードチェンジスイッチを押すことで、パネル表示のディスプレイを二輪⇔四輪と変更。現状のコンディションを電圧表示から確認することができる。 [写真タップで拡大]

充電完了までの時間を表示してくれる

バッテリー充電開始直後は「測定中」モードに入るが、測定完了と判断すると、充電完了までの時間を表示してくれる。 [写真タップで拡大]

接続当初はバッテリー診断モードに突入

バッテリー端子に赤黒2本のリード線をそれぞれ接続してから電源投入。接続当初はバッテリー診断モードに突入し「測定中」の表示が出る。もちろんダメなバッテリーではそのように表示。 [写真タップで拡大]

測定終了後には充電完了まで数時間と表示された

現状12.24ボルトだったバッテリーは、接続後に測定モードへ入り、測定終了後には充電完了まで数時間と表示された。もちろん車載バッテリーで、接続しっ放しでも管理充電してくれるので安心だ。 [写真タップで拡大]

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

モトメカニック編集部

モトメカニック編集部

記事一覧を見る

惜しまれながら休刊したモトメンテナンス誌が、制作スタッフもそのままにモトメカニックとして復活! サンデーメカニックに向けた整備の仕方や工具の選び方、便利なツールの紹介などを介して“バイクライフを楽しみ方”を紹介していきます。