MotoGP ’20シーズン開幕直前

’19 MotoGPを振り返る〈スズキ編〉【GSX-RRリンス車 写真×12】

  • 2020/3/1
MotoGP スズキ GSX-RR

ホンダRC213V+マルク・マルケスが猛威を振るった’19シーズン、真っ青なスズキGSX-RRはイギリスGPを制し鮮やかな存在感を示した。今季でスズキ3年目となる実質エースライダー、アレックス・リンスが駆ったマシンのディテールを写真12点で紹介する。

●文:高橋 剛 ●取材協力&写真:スズキ

MotoGP スズキ GSX-RR

’19年型GSX-RRは、’18年型から見た目に分かるほどの大きな変更は受けていない。車体ではメインフレームの”カーボン巻き”(実際には接着)が目立つが、これは’18年型で採用済み。かなり手堅い作りだ。ただしエンジンは内部パーツをほぼすべて見直したまったくの別スペックで、数%程度のパワーアップを果たしている。

MotoGP スズキ GSX-RR

ボックス形状のフロントウイングレットが目立つが、風洞実験や実走テストの繰り返しによりカウル本体の空力特性を向上。ウイングレットはフィーリングを向上する最後の「味付け」だ。

MotoGP スズキ GSX-RR

馬力とドライバビリティの向上を両立すべく、アクラポビッチ製マフラーは2本出しとして過渡特性を高めている。マフラー後端のネットは転倒時などに異物が入ることを避けるため。

MotoGP スズキ GSX-RR

幅広くなりがちな直列4気筒エンジンながら、極力スリムに作られた車体。「今の段階ではV型エンジンが結果を残していますが、直4にも勝機があると確信しています」と技術者たち。

MotoGP スズキ GSX-RR

MotoGP スズキ GSX-RR

MotoGP スズキ GSX-RR

MotoGP スズキ GSX-RR

MotoGP スズキ GSX-RR

MotoGP スズキ GSX-RR

MotoGP スズキ GSX-RR

MotoGP スズキ GSX-RR

関連するアーカイブ

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。