佐藤寿宏のレース通信[MotoGP™ 日本グランプリ編]初日

青木3兄弟がツインリンクもてぎを激走! なんとRC213V-S、GSX-RR、CBR1000RRで揃い踏み

  • 2019/10/17

さーって、今年もMotoGP™日本グランプリが始まりますよー。Facebookの“過去のこの日”には、ツインリンクもてぎにいるネタばかり上がって来ています。毎年同じことをしているなーっと思いつつ、今年も張り切って行きましょう!

「まさかの危機」からスタートした Motul Grand Prix of Japan

木曜日のハイライトは、青木3兄弟が走ったことですかね。鈴鹿8耐に続き、拓磨(次男)がツインリンクもてぎを走りました。マシンは、CBR1000RRではなくRC213V-Sをライディング。宣篤(長男)がSUZUKIのMotoGP™マシンGSX-RR、治親(三男)がCBR1000RRを駆りました。実は、宣篤がRC213V-Sのカギを忘れ企画倒れとなる危機でしたが、奥さんが群馬から急きょツインリンクもてぎまで急行。予定より2時間ほど遅れて走行はスタートしました。

ポケバイ時代に3人が左コーナーを走っている写真があり、同じような絵を撮りたいと言うのでV字コーナーの立ち上がりでスタンバイ。まぁ、同じようになるのは難しかったですが、拓ちゃん、よく走りました!

「協力してくださった、すべての皆さんに感謝という言葉しかないですね。RC213V-Sは、まさにMotoGP™マシン。CBR1000RRと比べると軽くて、フロントがすぐに浮きますから。腕でしかその挙動を感じることはできませんが、最後に乗ったNSR500Vのようなレーサーだと思いました」と拓磨は笑顔で語っていました。

3人で一緒に走る姿は何十年ぶりでしょう!?

「感謝しかない」と語る青木拓磨

また、事故などで脊椎損傷を負った方を支援するプロジェクト「一般社団法人SSP サイドスタンドプロジェクト(後述)」を青木3兄弟で発足。将来的に世界のパラライダーとの交流イベントの開催やバイクへの専用システムの取付、レース開催などの活動をして行く予定だそうです。

レーシングスーツをまとった青木3兄弟の姿はまた格別。左から治親(三男)、拓磨(次男)、宣篤(長男)。

記念撮影にはノビーこと上田昇さんも駆けつけた!(後列左から2番目)

MotoGP™ライダーたちによるハチャメチャなレース

その合間には、ツインリンクもてぎのアミューズメント施設にあるEVバイク、モトライダーをMotoGP™ライダーがライディング。それぞれキッズライダーとペアを組み、レースを行いましたが、ショートカットしたり、バイクを持ち上げて走ったりのハチャメチャな展開でした。それでもキッズライダーを思いやる姿に、MotoGP™ライダーたちの優しさを垣間見ました。

キッズたちと記念撮影に臨むMotoGP™ライダーたち。

もはやなんでもアリ!? のレース。足で路面を蹴って加速を補う!

あーあ……。

早くも来年に向けた動きも見えはじめて……

ニュースとしては“タカ”こと中上貴晶が2020年の契約を更新し、日本グランプリ後の3戦を右肩の手術のために欠場。代役としてヨハン・ザルコが乗るというのには、ビックリ仰天しましたが、アッセンで痛めてから、レース毎に肩に力が入らなくなっていったと言っていました。来シーズンは、正念場ですからね。しっかり治して頑張ってもらいたいものです。ザルコも、フィリップアイランドから、どんな走りを見せてくれるか楽しみですね。成績次第では、来年、ホルヘとチェンジ~、なんてこともあったりして…。

大きな爪痕を残した台風19号の影響で水没した水戸北インター辺りの映像はショッキングでしたが、一部通行止めとなっている以外は、普通のツインリンクもてぎでした。ただ、被災された地域への影響を鑑み、土曜に行う予定だった2019グランプリロードR123パレードは中止することが発表されました。来年は、また復活するそうなので、ぜひ参加してくださいませー。

気になる週末の天気は、金曜と土曜に雨マーク。日曜は、曇りのち晴れとレースは、ドライでできそうですね。金曜は、夜から雨が降って、土曜の朝までに止むというのが理想というか個人的希望です。さぁ、年に一同のMotoGP™をみんなで楽しみましょう。季節の変わり目なので、ツインリンクもてぎに来られる方は、上着をお忘れなく!

フリー走行がはじまる前の木曜日は、ライダーたちもリラックスした表情を見せる。写真はヴァレンティーノ・ロッシ。

スズキではハッピを着たアレックス・リンス(中央)の姿も。

一般社団法人SSP(サイドスタンドプロジェクト)発足

障がいがあってもバイクを諦めたくない――。「バイクに乗る」という夢を追い続けるすべての人々を後押しするために、一般社団法人SSP(サイドスタンドプロジェクト)が発足しました。[2019.10.17 SSP Media Information]

バイクのライディングは、全身運動です。でも世界には、下半身不随で、義足で、義手で、颯爽をバイクを走らせる人たちがいます。フランスでは、障がい者によるバイクレースまで開催されており、世界にポジティブな驚きを与えています。例え障がいがあったとしても、人はバイクに乗れる。人の可能性は無限なのです。

残念ながら、日本では障がい者がバイクに乗れる機会はほぼありません。一般社団法人SSPはこの現状を打破し、障がいのある方たちがひとりでもバイクに乗れるよう、日本における“パラライディング”をハードウェア、ソフトウェアの両面から支援する団体です。

●一般社団法人SSP 活動予定
【直近】
・身体障がい者対象のサーキット走行体験会実施(年5回を予定)
・各種イベント等での障がい者バイクライディングの普及活動
・SNS当を活用してのパラライディング関連情報発信
・下半身不随の元世界GPライダー、青木拓磨のデモラン

【将来的に】
・世界各国のパラライダーとの交流イベント開催
・バイクへの専用システム取付、バイクの管理、メンテナンス、運搬
・SSP Para Moto Raceの開催
・国際交流レースの実施

●一般社団法人SSP 2019年度の活動報告(予定含む)
6月   下半身不随の元GPライダー、青木拓磨がバイクでサーキットを試走
7月28日 鈴鹿8時間耐久ロードレースでデモラン
10月20日 MotoGP第16戦日本GPでデモラン
11月8日 東京都主催のパラアスリートイベント「Team Beyond」に出演

一般社団法人SSP
〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名3156-4(Tel:042-785-2299)
Website ssp.ne.jp  E-mail ssp@ssp.ne.jp
代表 青木治親(元世界GP125ccクラスチャンピオン)
理事 青木宣篤(元世界GP500ccクラスライダー)
パラモトライダー 青木拓磨(元世界GP500ccクラスライダー)

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

佐藤 寿宏(ことぶき)

佐藤 寿宏(ことぶき)

記事一覧を見る

ロードレースを追いかけること20年以上のフリーライター。国内外の様々なレースを現場取材しており、若手ライダーにも慕われる。愛車はスバル・レガシィから乗り換えたレヴォーグというボクサー党だ。