佐藤寿宏のレース通信[MotoGP セパンテスト編]

ニューカラーのニューマシンが出そろい、いよいよMotoGP公式テストがはじまる!

  • 2020/2/7
MotoGP Sepang Launch

シェイクダウンテストが一段落して、いよいよレギュラーライダーたちの公式テストが2020年2月7日からはじまります。これに先立ち、セパン・インターナショナルサーキットでは各チームがマシンとライダーのローンチイベントを行いました。

歴史的なカラーリングをまとったスズキの2020年型GSX-RR

MotoGPオフィシャルテストの開始を明日に控え、各チームはマシンの準備に余念がありません。毎年、セパンサーキット内でプレスカンファレンスが行われますが、今年は、スズキとヤマハがニューカラーをお披露目しました。

スズキは、これまでのブルーベースにシルバーを大胆に使ったニューカラーに塗られた2020年型GSX-RRをベールアウト。河内健テクニカルマネージャーに聞いたところ、1960年に初めてスズキのマシンが世界選手権を走り、それから60周年ということで、その時代のイメージでシルバーを増やしたんだそう。「賛否両論でしたが、速く走ることができれば、かっこよく見えるはずですよね」と、ひと言。昨年2勝を挙げたアレックス・リンスはエースとして、そしてMotoGP、2年目を迎えるジョアン・ミルは、さらに成長しそうなだけに、今シーズンもMotoGPをかき回してくれそうですね。

左からジョアン・ミル選手、河内健テクニカルマネージャー、佐原伸一プロジェクトリーダー、ダビデ・ブリビオ氏、アレックス・リンス選手。
2019シーズンには2勝を挙げ、スズキのエースライダーへと成長してきたアレックス・リンス選手。
確かな成長を見せてきているジョアン・ミル選手。今年が楽しみなナイスガイだ。
スズキレーシングチームの集合写真です。

レギュラーライダーに負けない存在感のホルヘ・ロレンソ

続いて行われたMonster Energy Yamaha MotoGPはピットでフォトセッションがあり、その後、ブリーフィングルームでプレスカンファレンスというスケジュール。その間には、Petronas Yamaha SRTのプレスカンファレンスも行われました。Monster Energy Yamaha MotoGPのカラーリングは、ほとんど変更なしでしたが、Petronas Yamaha SRTは、よりシンプルなデザインになっていました。あ、そうそうMonster Energy Yamaha MotoGPのプレスカンファレンスには、ホルヘ・ロレンソも登場。ちょっと意地悪な質問も出ていましたが、ライブで中継されていたので皆さんもご存じでしょう。まぁ法律上で問題がなくても、人情的にはねぇ……。

まずはファクトリーライダーの2人が登場。左はマーベリック・ビニャーレス選手、右がバレンティーノ・ロッシ選手。
バレンティーノは、今シーズン前半の走りで来季の引退または非ファクトリーチームでの継続参戦を決断することに。
まさかこんな3ショットを見られる日がこようとは……。
破格のテストライダーとして明日からの公式テストにも参加するホルヘ・ロレンソ氏。ドゥカティやホンダの印象を聞かれる場面も。また選手と呼ぶ日が来ないとも限らない?
2021年からのファクトリー入りが決定しているファビオ・クアルタラロ選手。今シーズンはペトロナスヤマハSRTでもう1年走るが、マシンは完全にファクトリー待遇となる。

肩の回復具合は70%と語る中上貴晶

昨年の10月29日に右肩を手術した“タカ”こと中上貴晶も、この日サーキット入りしました。

「ようやく腕立て伏せができるようになったのですが、可動域も完全ではなく、肩がまわる感覚がもどってきている最中ですし、もてぎの日本GP以降、MotoGPマシンに乗っていないので、肩の具合を見ながら感触を取り戻すところからのスタートになります。1周でも早く、そのフィーリングをつかみたいと思っています。開幕戦カタールまでに、しっかりとしたベースを作っておきたいですね」

手術以来、リハビリ、そしてトレーニングに励んできたタカですが、まだまだ100%には、ほど遠い状態だと言います。1月に入ってからミニバイクで3回、そしてモトクロスで走り問題なくライディングできたそうですが、自分自身の感覚としては、回復具合は70%と言っていました。

MotoGPクラスで3年目を迎えるタカ。目標は、毎戦6位以内と語る。シーズン序盤は肩の状態と相談しながらになりそうですが、早く回復してもらいたいものですね。

さぁ~って、明日(2月7日)から2020年最初のMotoGPオフィシャルテストが始まります。要チェックですよー!

着実な成長を見せつつも、昨シーズンは怪我に泣いた中上貴晶選手。シーズン序盤は様子見しつつも、それなりの成績が求められる。
通りすがりの絶対王者。マルク・マルケス選手は余裕のピース?

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

佐藤 寿宏(ことぶき)

佐藤 寿宏(ことぶき)

記事一覧を見る

ロードレースを追いかけること20年以上のフリーライター。国内外の様々なレースを現場取材しており、若手ライダーにも慕われる。愛車はスバル・レガシィから乗り換えたレヴォーグというボクサー党だ。