数多くのリピーターから高い支持

絶版車を30年乗りたいのなら強靱・高耐久性の特殊塗装パウダーコーティングがおすすめ

  • 2020/1/9
フレーム打刻も読めなくならない最善の仕上げを心がけている

バイク部品のペイントに特化した専門ショップが数多く存在する現在、フレームや足周り、周辺小物などなど、強靱さや耐久性を求められるパーツへのペイントを専門に、いち早く「パウダーコーティング」を採用し、数多くのリピーターやレストアショップから高い支持を得ているのが、愛知県豊田市の「パウダーコーティング・カトー」だ。”マニア心”をくすぐる塗装技術の持ち主を取材した。

●文:モトメカニック編集部 ●写真:栗田晃 ※取材協力:パウダーコーティング・カトー

パウダーコーティングのメリット

バイクのメインフレームを例にすると、フレーム番号打刻や各種ねじ山には十分な注意が必要だが、パウダーコーティング・カトー(以下、PCカトー)では、長年に渡り培った経験によって、過度に塗り過ぎることのない、カチッとした仕上がりを得意としている。モデルによっては打刻が浅く、記号や数字を読みにくいケースもあるが、そんな車両のパーツでこそ、仕上がりに大きな違いが現れる。

フレーム関連部品ばかりではなく、ブレーキマスターやキャリパーなど、耐ブレーキフルード性や耐溶剤性を求められるパーツのペイントも各種用意。何よりショップ代表がバイク好きであり、メンテナンス経験が豊富なので、ペイントに関してわからないことは、まず相談するのが早道となるはずだ。

完全な剥離で下処理しているので仕上がりは素晴らしい

フルレストアの人気モデルであるカワサキZ1/Z2やマッハシリーズは、常にオーダーを受けている状況だ。完全な剥離で下処理しているため、その仕上がりは素晴らしい。

ステアリングヘッドパイプの内側は直圧ブラストによってサビは完全除去

ステアリングヘッドパイプの内側などは、サビの発生によってコンディションが悪くなっている例が多々ある。PCカトーでは直圧ブラストによってサビは完全除去している。

足周りや黒小物部品だけを仕上げるセミレストアも

一度にまとめてペイント依頼するフルレストアファンが多い一方で、足周りや黒小物部品だけを仕上げるセミレストアファンも多い。愛車のコンディションで考えよう。

耐ブレーキフルード性が高いガンコートや紫外線で化学反応を起こすUVペイントでも好評

耐ブレーキフルード性が高いガンコートや紫外線で化学反応を起こすUVペイントでも好評だ。わからないときには相談することが、何よりも確実な手段である。

サイドスタンドの締め付け穴が楕円に摩耗

サイドスタンドの締め付け穴が楕円に摩耗しガタガタになっているような際には、事前に相談するのが良い。フレーム補強したい場合なども、相談しているユーザーは多い。

加藤代表自身が作業してくれるので安心

(左)PCカトーでは、加藤代表自身が作業してくれるので安心。完全剥離後のフレームは、洗浄後の空焼きで完全脱脂し、それからパウダーコーティング工程へと移る。(右)加藤代表自身が旧車に対する愛情と深いノウハウを持っているので、作業を安心して任せることができる。自身は旧車モトクロッサーやトレールモデルの大ファンだ。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

関連する記事

最新の記事

モトメカニック編集部

モトメカニック編集部

記事一覧を見る

惜しまれながら休刊したモトメンテナンス誌が、制作スタッフもそのままにモトメカニックとして復活! サンデーメカニックに向けた整備の仕方や工具の選び方、便利なツールの紹介などを介して“バイクライフを楽しみ方”を紹介していきます。