ついに大物カタナが復活、名車オマージュが流行か

令和に買いたい!【大型ヘリテイジスポーツ-01】2019ニューモデル大集合 #06

  • 2019/5/6

「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観に、スポーティな走りを融合したジャンル。欧州を中心に人気を博し、各メーカーの新作が相次いでいる。’19年のトピックは、やはりカタナ。発表だけで、これほど「話題」になったモデルは他にない。大ヒットしたZ900RSに続き、名車モチーフの流れを決定付けるか?

リバイバル系がジワジワ増加中、新作も旺盛だ

見た目は懐古的だけど、中身は現代的。そんな「ネオクラシック」や「カフェレーサー」が近年、欧州で大ブームとなり、新作ラッシュが続いた。この勢いがアジアにも波及しつつある。

’19最新潮流
・Z、カタナ、XTと名車の現代版が増加中
・上級版のタイプ追加が多数
・既存の人気シリーズがブラッシュアップ

人気を獲得したBMWのR nineTやヤマハのXSRシリーズは、往年の様々な名車のエッセンスを受け継ぎながら、ストレートに特定の車両をモチーフにしたわけではなかった。だが、’17年末にZ1をオマージュしたZ900RSが登場して大ヒットを記録。そして’19年は、レジェンド的な名車であるGSX1100Sカタナを現代にアレンジした「カタナ」がリリースされる。

世界中に熱烈なファンが多く、賛否両論が巻き起こったが、今年最も注目を集めているマシンのひとつなのは間違いない。また、XSR700をベースに、往年のXT500をイメージしたXトリビュートも登場予定。名車モチーフがジワジワ来ており、今後は一大潮流になる可能性がある。

スズキ カタナ:ライダーの熱量で甦った伝説の名車、最新パッケージで斬れ味も現代風に

初代GSX1100Sカタナが発表されたケルンショーから38年後の’18年秋。再びケルンで、その名を受け継ぐモデルがベールを脱いだ。切っ先鋭いノーズや角型ヘッドライト、サイドに刻まれたエッジなど、日本刀をイメージした初代のフォルムをアレンジ。’17年秋に発表されたカスタム車「カタナ3.0」とほぼ同じデザインで、その反響の大きさから、ついに市販化に至った。ベース車はGSX-S1000。’05GSX-R1000譲りの心臓やφ43mm倒立フォーク+ブレンボ製ラジアルキャリパー、3パターン+オフのトラコンほかスポーティな装備を踏襲する。

【SUZUKI KATANA 2019】主要諸元■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 150ps/10000rpm 11.0kg-m/9500rpm 215kg 12L シート高825mm ●ヤングマシン予想価格:135万円

アッパーカウルと一体化したタンク、両者をつなぐ深い溝が初代を彷彿とさせる。ハイスクリーンほか純正カスタムパーツも豊富。 ※写真はオプション装着車

初代を思わせる横長の角眼ヘッドライトはLED。上下分割式で上側がロー、サイドのスポイラーにポジション灯を備える。

現行GSX-R1000と共通ユニットに専用パネルを採用。キーONで刀ロゴが現れ、その部分に多彩な情報を示す。輝度調整も可能。

「ボリュームのあるタンクがハイライト」とデザイナー。カバーで複雑な形状を実現した。容量はGSX-S1000の17Lから12Lに。

リヤアームにフェンダーをマウントし、テールはコンパクト。LEDを採用し、両サイドがポジション、中央がブレーキランプ。

カワサキ Z900RS/カフェ:ベストセラーを記録したZの末裔

生産終了したゼファー1100、ZRX1200ダエグに続く、待望の直4ネイキッドとして、’17年12月にデビュー。丸眼ヘッドライトにティアドロップ型の燃料タンクなど’70年代のZ1をオマージュしたスタイルに、フルLEDの灯火類や水冷直4ユニット、倒立フォーク&水平モノショックなど最新ネイキッドの装備を融合した。カフェは、ハンドルマウントのビキニカウルを備え、グリップ位置の低いバーハン ドルと座面が20mm高いシートを採用する。’18年に251cc以上で販売1位を記録し、大ヒットとなった。

【KAWASAKI Z900RS CAFE 2019】主要諸元■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm 217kg 17L シート高820mm ●価格:135万円

[カフェ]伝統の砲弾型メーターを採用しつつ、中央の液晶パネルが現代的。ETC2.0車載器を備え、インジケーターもビルトイン。2段階+オフのトラコンも備える。

[カフェ]

[カフェ]

[STD]●価格:129万6000円~

’19STDは黒、火の玉の2色を継続。カフェは新色の青を追加し、車体色グレーのラインを白→ライムなどに変更した。

ヤマハ XSR900:鋭い走りが光るシリーズ旗艦、’19は伝統カラーをアレンジ

現代的ファイターの’16MT-09をベースに、アルミタンクカバーなど金属の質感を活かした専用外装などでネオレトロに仕上げた1台。3種のパワーモードと2段階+オフが可能なトラコンに加え、アシスト&スリッパークラッチまで採用し、ネオクラ屈指のスポーティさを誇る。サス設定は09と若干異なり、落ち着いた乗り味だ。’19国内仕様では、これまでにないブルーのタンクにストライプラインが入るだ。

【YAMAHA XSR900 2019】主要諸元■水冷4スト並列3気筒 845cc 116ps 8.9kg-m 195kg 14L シート高830mm ●価格:104万2200円

「円」のモチーフを各部に採用し、メーターも丸1眼。「カフェ」だけに燃料計はコーヒーカップ型だ。

ヤマハ XSR700/Xトリビュート:XT500風のスクランブラーも登場

軽量コンパクトなMT-07をベースに、XS-1などの名車イメージで再構築したネオクラがXSR700。’19では900と同様、国内モデルではブルーのタンクを採用するが、ラインは入らずマットカラーになる模様。一方、欧州では派生モデルのXトリビュートを追加する。’70年代のヤマハを代表するオフ車=XT500をモチーフに、アップマフラーやフォークブーツ、ブロックタイヤなどでスクランブラー風に仕上げた。メッキタンク+金色ホイールのカラーは’81年型XTのオマージュだ。

【YAMAHA XSR700 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 688cc 73ps/9000rpm 6.9kg-m/6500rpm 186kg 13L シート高835mm ●価格:89万9640円

【YAMAHA XTribute 2019】●国内発売予定なし

[XTribute]液晶メーターは、XSR700の白地に対し、反転表示に。バーハンドルはブレースバー付きに変更され、気分を高める。

[XTribute]厚みのあるシートとミニマルなLEDテールランプを新設計。XT500に倣ったシート横アップマフラーをオプションで用意する。

※W800、CB系は次回にて紹介します

スズキ KATANAの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

スズキ KATANA

スズキ KATANA

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 35 価格種別 中古車 2

本体

151.2万円

価格帯 151.2万円

本体価格

本体

133万円

価格帯 133万円

諸費用

3.41万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

6.8万円

価格帯 6.79~6.8万円

乗り出し価格

154.61万円

価格帯 151.2~160.17万円

乗り出し価格

乗り出し価格

139.8万円

価格帯 139.79~139.8万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

カワサキ Z900RSの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ Z900RS

カワサキ Z900RS

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 34 価格種別 中古車 13

本体

131.23万円

価格帯 127~132.84万円

本体価格

本体

129万円

価格帯 119.9~134.9万円

諸費用

4.79万円

価格帯 6~7.71万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

136.03万円

価格帯 133~140.55万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

カワサキ Z900RS CAFEの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ Z900RS CAFE

カワサキ Z900RS CAFE

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 25 価格種別 中古車 3

本体

137.8万円

価格帯 134.4~148.3万円

本体価格

本体

128.36万円

価格帯 125.9~129.6万円

諸費用

9.97万円

価格帯 0.95~11万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

147.77万円

価格帯 145.4~149.25万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ヤマハ XSR900の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ヤマハ XSR900

ヤマハ XSR900

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 146 価格種別 中古車 24

本体

103.39万円

価格帯 84.7~104.22万円

本体価格

本体

77.98万円

価格帯 67.9~89.9万円

諸費用

―万円

価格帯 4.3~8.2万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

98.71万円

価格帯 92.9~108.52万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ヤマハ XSR700の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ヤマハ XSR700

ヤマハ XSR700

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 110 価格種別 中古車 2

本体

88.51万円

価格帯 72.8~89.96万円

本体価格

本体

67.89万円

価格帯 62.99~72.8万円

諸費用

―万円

価格帯 6.1~7.09万円

諸費用

諸費用

9.38万円

価格帯 4.48~14.29万円

乗り出し価格

85.56万円

価格帯 78.9~97.06万円

乗り出し価格

乗り出し価格

77.28万円

価格帯 77.28万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)