コンドル、コンチ、ナローもラインナップ

ハリケーンのカワサキZ900RS/カフェ用セパハンkitは定番のゴールド仕様も登場

  • 2019/4/7

ハンドルバー製作の老舗、ハリケーンが大阪モーターサイクルショーに出展したZ900RSカフェには、待ってました! のセパハンキットが装着されていた。さらに、各種バーハンドルやエンジンガード、タンデムグリップにリヤキャリアなど、実用的かつカスタムの基本になるパーツ群も一気に発表されている。

ドレスアップと実用性を兼ね備えたZ900RS/カフェ用パーツ

さまざまなカスタムパーツを製作し、中でもハンドルバーで有名なハリケーン。「ハリケーンのセパハン」と言えば、聞いたことがあるという読者も少なくないのでは? そのハリケーンが大阪モーターサイクルショーに、モンキー125とともに出展したのは、Z900RS CAFEのカスタムマシンだ。装着パーツの多くは、同社が得意とするパイプワークを駆使したもので、各種ハンドルkitのほかハンドルブレース(モバイルホルダー等の取り付けに便利)やエンジンガード、タンデムグリップ、リヤキャリアなどがラインナップされている。これに加え、LEDダガーウインカーkitやフェンダーレスkitでシャープなルックスを実現できる。

【HURRICANE Z900RS CAFE Custom】アジャスタブル機構付きのセパレートハンドルに大型スクリーン、マフラーなどにより印象は一変。ハリケーン製のパーツは6月末頃までには出揃う予定だ。

同社のパーツ以外にも、このZ900RS CAFEのカスタムマシンにはアクリポイント製スクリーン・ミラーコートタイプ(実はこのデモ車両もアクリポイント所有)、BMS-R製マフラーなどが装着され、引き締まった印象をアピールしている。

■CAFE専用セパレートハンドル(6月中旬発売予定):1万4040円/独自のアジャスタブル機構で角度調整可能。ゴールドとブラックをラインナップ(バー自体はブラック)する。 ■ほかにコンチ2型ハンドルkit(8532円~8964円)もある。

Z900RS専用ハンドルラインナップ■RS専用セパレートハンドル:1万4040円 ■コンチ2型ハンドルkit:5940円~6372円 ■RS専用FATコンドル:1万2420円~1万2960 ■RS専用ナロー4型ハンドル:4320円 ※コンチ2型ハンドルkitオプションパーツとしてハンドルブレース(4860円)も。

■RS/カフェ共通エンジンガード(6月末頃発売予定):2万3220円/パイプ径φ25.4mm(1インチ)

■RS/カフェ共通タンデムグリップ:1万2528円(6月末頃発売予定)/グリップ部分はビニールコーティング済み ■ほかにリヤキャリア(2万1060円/6月中旬頃発売予定)もラインナップ。

■RS/カフェ共通フェンダーレスkit:9720円/専用ハーネス付き。タンデムグリップおよびリヤキャリアと同時装着可能。

■RS/カフェ共通LEDダガーウインカーkit:2万520円~2万2896円/アルミ製スリムボディが特徴で、ボルトオン取り付け可。リレー、ステー、ジョイントハーネス付き。

■アクリポイント製ミラースクリーン:3万4560円

■BMS-R製R-EVO2 フルエキ ヒートチタンサイレンサー[JMCA/政府認証]:17万2800円

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)