ストイックでシンプルなショベルボバー〈ハーレーカスタムトレンドニュース〉

ハーレーダビッドソンカスタム by マイパフォーマンス

常に数多くのビンテージハーレーを在庫販売しているマイパフォーマンス(山梨県)。扱う車種は当時のストックからフルカスタムまで様々だが、不動の人気となっているのがショベルエンジンを搭載したボバーやチョッパーだ。今回は’76年式のショベルをベースにしたボバーカスタムを紹介しよう。

●文:ウィズハーレー編集部 ●外部リンク:マイパフォーマンス

’70年代スタイルを踏襲したオールドスクールカスタム

ハーレーのカスタムは、’70年代にほぼそのスタイルを定着させたムーブメントが存在し、その後のカスタムは、当時のイメージを踏襲するのがオールドスクール、その後のハイパワー仕様に分類されるのがニュースクールと呼ばれている。

オールドスクール系は、搭載するエンジンよりも、車体構成がさらに古いテイストを盛り込むことが多く、今回紹介するモデルも、フロントフォークにスプリンガーを採用するなど、徹底したビンテージイメージで製作されている。

ショベルヘッド|マイパフォーマンス

[写真タップで拡大]

前後ホイールは16インチで、ファットなタイヤを装備するボバー。しかし、マフラーはアップスイープなチョッパーテイストとして、独特の存在感を演出している。

リヤサスペンションを持たないリジットフレームの乗り心地はハードだが、フレーム自体のしなりとタイヤの空気圧調整により、思いのほかしなやかな走行フィーリングが得られることと、圧倒的に軽い車重ゆえに、慣れてしまえばバイクの扱いは軽快という大きなメリットもあることが、オールドスクールカスタムの特徴だ。近年では女性オーナーが増える傾向もあり、さらなる人気を得たカテゴリーとも言えるだろう。

エンジンは、1200ccのショベルにオープンプライマリー&ハンドシフトという構成。ミッションは4速である。気軽に乗り出せるシンプルなハーレーとして、長く乗るほど愛着も上がっていく。そんなイメージのカスタムバイクである。

ショベルヘッド|マイパフォーマンス

エンジンは、ショベル中期モデルで1200ccのストックを搭載。 [写真タップで拡大]

ショベルヘッド|マイパフォーマンス

オープンプライマリーで、ハンドシフト&スーサイドクラッチというハードコア仕様。 [写真タップで拡大]

ショベルヘッド|マイパフォーマンス

キャブレターは定評のあるS&S製タイプEを使用する。 [写真タップで拡大]

ショベルヘッド|マイパフォーマンス

マフラーはアップスイープとして、チョッパーテイストも演出する。 [写真タップで拡大]

ショベルヘッド|マイパフォーマンス

フロントフォークは、新品の74スプリンガーを採用。 [写真タップで拡大]

ショベルヘッド|マイパフォーマンス

フロントブレーキには小型のPM製キャリパーを装備。 [写真タップで拡大]

ショベルヘッド|マイパフォーマンス
ショベルヘッド|マイパフォーマンス

ハンドルバーはワンオフ加工されたもの。肩幅ほどのコンパクトな形状に、小型のスイッチとグリメカ製のマスターシリンダー&ブレーキレバーを装備する。 [写真タップで拡大]

ショベルヘッド|マイパフォーマンス

ガソリンタンク容量は6リットルほど。鮮やかなメタリック塗装が施される。 [写真タップで拡大]

ショベルヘッド|マイパフォーマンス

ステップはペグではなく、フットボードとなっている点がユニークだ。 [写真タップで拡大]

ショベルヘッド|マイパフォーマンス

リヤはリジットで、ハードテイル仕様である。リヤブレーキには当時の純正キャリパーを使用。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ウィズハーレー”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

ホーム待望の試乗! ロイヤルエンフィールド クラシック350【レトロとモダンの完璧な融合】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース