第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ライドナレッジ|RIDE HI

【ライテク】ハードブレーキングほど思いきりワシづかみは利かない


●記事提供: ライドハイ編集部

一気に沈むと前輪の路面追従性を妨げる

MotoGPでスターティンググリッドへ着くとき、ライダーが後輪をピョコンと浮かせるストッピー・アクションを見せているが、あれは故意にやってるのはもちろんご存じのはず。

前輪は止まるタイミングなのでスリップせず、ブレーキ入力を一瞬強めれば簡単にリヤが浮き上がる。これはブレーキが強力であるとかには関係ない、ただのバランスアクションに過ぎない。

またレースでも、超ハードなブレーキングで後輪が路面から離れかかっているシーンもよく見る。これも確かに超強力なストッピングパワーを発揮しているが、次のコーナーの種類によって曲がる寸前に後輪を接地させたり、浮いたまま旋回のアウト側へリーン開始に合わせて接地させ、向き変えに利用するなど制動距離を縮めることに主眼をおいていない操作といえる。

このようにレースでは状況と目的が異なるシーンもあるので、あのパフォーマンスがバイクを操る極限のテクニックでないのは理解されていると思う。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース