ライドナレッジ|RIDE HI

【Q&A】乾式クラッチの何が凄い?

●記事提供: ライドハイ編集部

オイルに浸らず外部で露出するレーシングパーツ

MotoGPマシンのようにレース専用エンジンでは、クラッチが外に露出した乾式(ドライ)クラッチとするのが圧倒的。

一般向け市販車ではミッション(変速機)が収まる部分にオイルへ浸った状態(湿式クラッチとも呼ぶ)となっているのに対し、レース専用エンジンでは回転してオイルを攪拌する抵抗でパワーロスが生じないよう、さらにクラッチワークがレスポンスや半クラッチでクイック且つデリケートに操作できるため、仕切りを設けオイルに浸らず冷却を兼ねて露出した乾式クラッチ仕様としている。

このレースを前提とした効率最優先の仕様が、一般の使用ではほぼメリットにはならないにもかかわらず、「乾式」の言葉に惹きつけられるファンがいるため、スーパースポーツの上位モデルに乾式クラッチを採用したり、カスタムパーツとしても少なからず需要があるというワケだ。


※本記事は”ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース