第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

GSX750ES/GS1000RからGSX-R750まで

【ヨシムラ 8耐マシン一挙紹介】鈴鹿8耐・栄光のTT-F1マシン[1985-1993]#スズキ×ヨシムラ編-02

  • 2019/7/6

1988年の天才ケビン・シュワンツの苦闘を描いた前回に続くのは、もちろんその戦いに使われたワークスマシンだ。そしてスズキ編では、ヨシムラが作ったF1マシン(1988)とうりふたつの市販車(1989)にフォーカス。そして歴代ワークスマシンを紹介していきたい。

※ヤングマシン2016年8月号より復刻

公道市販モデル SUZUKI GSX-R750R[RK]1989:’88年のヨシムラのF1マシンとうりふたつの“本気”仕様

ホンダRC30、ヤマハOW-01に続くリアルレプリカで、500台の限定発売。前年のTT-F1を戦ったヨシムラのマシンと多くの共通部品を持ち、ほぼ同等のポテンシャルが与えられた。キャブ口径はワークスと同じφ40㎜とし、他にもチタンバルブ、バフがけコンロッド、クロスミッション、サブフレーム付きスイングアームなどがおごられている。フルパワー仕様は120ps。

【SUZUKI GSX-R750R[RK]1988】デュアルオイルクーラー、アルミ製燃料タンク、サブフレーム付きスイングアームなど上級装備を誇るRK。STDとは別格の存在だった。■全長2070 全幅730 全高1110 軸距1405 シート高785(各mm) 車重187kg(乾)■油冷4スト並列4気筒 DOHC4バルブ 749cc 77ps/9500rpm 6.8kg-m/7000rpm 燃料タンク容量19L■タイヤF=130/60R17 R=170/60R17 ●当時価格:165万円

【GSX-R750〈TT-F1〉1988】RK の車体構成や中身は’88年の全日本を走っていたヨシムラ・トルネードからほぼ踏襲された。

フロントフォークはインナーロッド式正立タイプ。冷気吸入インテーク(SCAI)も装備する。マフラーはSTDの2本出しに対し、右1本出し集合を採用。タイヤはミシュラン製だ。

メーターまわりもシンプルかつアグレッシブで、別体リザーバーなども相まって、レーサーと違わぬ雰囲気を持っていた。

’88年型でショート化されたエンジンストロークは、ヨシムラのF1マシンにならって元のボア×ストロークに戻されている。

カウルはFRP製。当時としてはかなり割り切ったシングルシート仕様は、リアルレプリカの証でもあった。色は青×白のツートンのみ。

完成度の高い基本骨格とサスペンションはSTDを踏襲。エンジンカバー類の取付け面を変更し、バンク角を右1度05分、左2度25分、改善している。

スズキ×ヨシムラ8耐レーサーと公道市販モデルを一挙紹介!

※各車の写真は図の下方にあります。

1983年のGS1000Rからフィードバックがなされた。

空冷4気筒をモリワキ製フレームで投入[1983-1984]

[1983/2 GSX750E(E4)・公道市販モデル]鉄製ダブルクレードルフレームに空冷直4エンジンを搭載。ハーフカウルとリヤ1本サスを持つ。

[1984 GSX750ES・ヨシムラ8耐レーサー]モリワキ製フレームの750E(海外名ES)2台を8耐に投入した。

GS1000Rから市販車へフィードバック[1983]

[1983 GS1000R・スズキワークスレーサー]空冷エンジン搭載のスズキワークス耐久レーサー。TT-F1世界選手権や世界耐久などで活躍した。これが市販車のGSX-R750へと繋がっていく。

アルミフレーム×油冷エンジンで750ccレプリカ元年へ[1985]

[1985/3 GSX-R750(F)・公道市販モデル]初代GSX-R750 。アルミフレームと油冷エンジンを採用し、徹底的な軽量化に成功。GSX750Eと比べてトータルではなんと-31㎏となった。

[1985 GSX-R750・ヨシムラ8耐レーサー]GSX-Rで初の8耐挑戦。シュワンツ/クロスビー組が3位を獲得。

2代目で“R”仕様も登場した[1986]

[1986/4 GSX-R750(G)・公道市販モデル]2代目のGはラジアルタイヤを採用。

[1986/2 GSX-R750R(RG)・公道市販モデル]乾式クラッチなどを備えた500台限定のRGも登場。

[1986 GSX-R750・ヨシムラ8耐レーサー]骨折中の辻本用に特製ペダルを装備。シュワンツと組み3位に。

ハイメカ搭載で最後のマイナーチェンジ[1987]

[1987/3 GSX-R750(H)・公道市販モデル]フロントブレーキや電気式アンチノー
ズダイブなど足まわり中心に改良。ステアリングダンパーも新設された。

[1987 GSX-R750・ヨシムラ8耐レーサー]独走のグッドフェロー/高吉組がゴール直前に他車と接触。2位。

初のフルモデルチェンジを果たした[1988]

[1988/3 GSX-R750(J)・公道市販モデル]初のフルモデルチェンジ。フロントホイール17インチ化や油圧→機械式クラッチへと変更された。

[1988 GSX-R750・ヨシムラ8耐レーサー]ベース車の熱問題に悩まされるもシュワンツ/ポーレンが2位獲得。

再び“R”仕様が登場。前年のヨシムラマシンとうりふたつ[1989]

[1989/3 GSX-R750(K)・公道市販モデル]ギヤ比やホイールベースを変更。

[1989/4 GSX-R750R(RK)・公道市販モデル]限定500台のRKは165万円。ほぼSTD仕様2台分の価格だった。

[1989 GSX-R750・ヨシムラ8耐レーサー]RKのエンジンをチューンしスズキワークス製フレームに搭載した。

倒立フォーク採用の’90モデルは’89年末発売[1990]

[1989/12 GSX-R750(L)・公道市販モデル]フロント倒立フォークや1本出しマフラー採用でサーキットでの戦闘力アップが図られた。

[1990 GSX-R750・ヨシムラ8耐レーサー]油冷の限界が明確に。ラストでオイルを吹くも執念の6位入賞。

高回転化を図った油冷最終モデルが登場[1991]

[1991/3 GSX-R750(M)・公道市販モデル]油冷最終モデル。1バルブ1ロッカーアームで高回転性能を向上。カウルも新型になった。

[1991 GSX-R750・ヨシムラ8耐レーサー]油冷最終型。悪天のレースで転倒や炎上にめげず完走した。

ついに水冷エンジン搭載へ[1992]

[1992/1 GSX-R750(WN)・公道市販モデル]水冷にフルモデルチェンジ。フレームも新型となったが、ダブルクレードルタイプを踏襲していた。

[1992 GSX-R750・ヨシムラ8耐レーサー]水冷化。キャブにヨシムラ独自のMJNを搭載。

ヨシムラの独自性がより顕著になっていく[1993]

[1993/7 GSX-R750(WP)・公道市販モデル]

[1993 GSX-R750・ヨシムラ8耐レーサー]スズキワークスと異なるサスやミクニキャブで独自性が明確に。

●文:高橋 剛/飛澤 慎/沼尾宏明/宮田健一 ●写真:鶴身 健/長谷川 徹/真弓悟史

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)