そろそろ買うが吉。100万円レベルはまだ幸福

ヤマハRZ250:現存数豊富も相場は上昇傾向【’80年代青春名車購入ガイド】

日本車の絶頂期だった’80年代の名車たちに“高騰”の波が押し寄せている。超プレミアマシンと化した’70年代車のような状況ではまだないものの、現実的な価格で入手できる時間的猶予はそう長くないだろう。本記事では2ストレプリカブームの祖となったヤマハRZ250の状況を中心にレポートする。

初期型 ’80~’82モデル:元祖RZ

’80年デビューの初代RZはパール白×赤、黒の2色。’82で350と共通ライン入りの白と黒を投入した。加速のほか、深いバンク角と安定した旋回性も絶賛された。

’80~’82 YAMAHA RZ250

2型 ’83モデル:新フレームにYPVSを獲得

’82年モデルではビキニカウルのRZ250Rに進化。排気デバイスのYPVSを獲得し、43psとなった。フレームを変更し、リヤはドラムブレーキからディスクブレーキへと進化した。

’83 YAMAHA RZ250R

3型 ’84~’85モデル:別体サイレンサー

2型のデビューの翌年、’84年型ではハーフカウルとセパレートハンドル、別体サイレンサーでレプリカ度を高めたRRを追加。オプションパーツでフルカウルにもできる。

’84 YAMAHA RZ250RR

4型 ’86モデル:フレームを変更

3型から大きく変わり、4型ではフレームやホイール、外装を変更し、7kgマイナスの136kgに。合わせてタンク、シートなどのスリム化も果たした。

’86 YAMAHA RZ250R

最終型 ’88モデル:前後17インチに

前後輪を中空3本スポークの17インチに変更。セパレートハンドルをアルミ鍛造とし、フロントディスクをフローティング化。CDI点火も採用。

’88 YAMAHA RZ250R

RZ250:各年式のポイント

関連記事
2020/08/17

※本記事に掲載されている車両価格等は、取り扱い店舗における’20年6月時点の情報です(関連写真提供:グーバイク)。 ドロドロとアメ車を思わせるV4の鼓動感に、体がのけぞるほどの極太トルク。そして"力"[…]

関連記事
2020/08/14

※本記事に掲載されている車両価格等は、取り扱い店舗における’20年6月時点の情報です(関連写真提供:グーバイク)。 「PURE SPORTS」。テールに描かれた文字が、その素姓の全てを物語る。大型4ス[…]

関連記事
2020/08/12

※本記事に掲載されている車両価格等は、取り扱い店舗における’20年6月時点の情報です(関連写真提供:グーバイク)。 '80年代前半、市販車をベースとしたレースの頂点(TT-F1)は過渡期にあり、'84[…]

関連記事
2020/08/09

※本記事に掲載されている車両価格等は、取り扱い店舗における’20年6月時点の情報です(関連写真提供:グーバイク)。 各社のフラッグシップスポーツが1100ccクラス中心だった時代に、908ccと排気量[…]

関連記事
2020/08/07

※本記事に掲載されている車両価格等は、取り扱い店舗における’20年6月時点の情報です(関連写真提供:グーバイク)。 抜き身の日本刀をモチーフに、ドイツのターゲットデザインが仕上げた意匠をGSX1100[…]