ライドナレッジ|RIDE HI

’70~’80年代のバイクにも最新素材のタイヤがある!

●記事提供: ライドハイ編集部

ビンテージバイク大人気で当時のタイヤサイズに新型登場

’70~’80年代のビンテージ人気は熱くなるいっぽう。日本製の初代ビッグバイクたちにとって、最大マーケットはいうまでもなくアメリカだ。 何せアメリカは広大、メーカー直系のディーラーではそこそこ規模のある街ですら、とてもカバーしきれず……当時そんな状況で全米中で暗躍していたのが仲買いのバイヤーたち。

生産が追いつかなくなった場合の品不足を補ったり、厄介だがメーカーにとって必要でもある存在の彼らに、何と正規流通ルート以外から相当数がデリバリーされ、それらが過剰在庫となり未だ新車の状態で保存されることとなった。
おまけに西海岸のように、乾燥して保存にも良い条件とあって、当時の5倍を遙かに上回る値段で取引されているというワケだ。

この当時の新車と変わらないコンディションが手に入るという奇跡の恩恵に授かれるオーナーはラッキーというほかないが、どんなに新車同様といっても残念ながらタイヤだけは確実に経年変化してしまう。

しかしヨーロッパのタイヤメーカーには、この40年以上も前のタイヤを生産し続けているケースが珍しくなく、とりあえず新品が手に入るので問題なく走れるのだが、ここまで需要が多いと各タイヤメーカーのエンジニアは黙っていられなくなるようだ。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホーム各メーカーのカウリング形状を同アングルで比較【F1化が進む!? MotoGPマシンのエアロダイナミクス】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース