Royal Enfield Classic 350×RIDE HI

【ロイヤルエンフィールド】本モノの趣味性と躍動シングルへの期待が膨らむ、本格派トラディショナルスポーツ クラシック350がデビュー!

●記事提供: ライドハイ編集部

英国トラディショナル黄金期1940~1950年代の不滅のデザインと最新の感性を融合

トラディショナルなスポーツバイクといえば、英国がお家芸なのはご存知の通り。ロンドンの黒いタクシーキャブや、赤い二階建てバスの街並みカルチャーの環境で育まれた感性に、ファッションをはじめお気に入りの個性を感じる人は多いはず。

その英国で1901年創業の最古のオートバイメーカーといえば、ロイヤルエンフィールド。現在は研究開発部門のR&Dセンターを残し、生産設備は14億人近い巨大マーケットが裾野のインドを拠点に世界へ輸出している。

そのロイヤルエンフィールドが昨年650ツインスポーツに続いてメテオ350で日本市場参入、いよいよ同社でもっともメジャーな機種であるクラシック350について、3月から発売とその価格を発表した。

ご覧のように、そのデザインはロイヤルエンフィールドの黄金期となった1940~50年代をベースとした、いかにもトラディショナルなスタイル。

じつは1949年、ロイヤルエンフィールドがアールズコートショーにデビューさせたバレット(Bullet)がインド軍で採用され、1955年から現地でCKD(全てを部品で輸出して組み立てる生産方式)をはじめたのがルーツ。その後250クルセーダーのデザインをベースに、現地で2009年にクラシックを発売、10年で300万台という成功を収めたという。

今回新発売となるクラシック350は、スタイルこそトラディショナルな雰囲気を踏襲するものの、エンジンから車体まですべてを刷新した完全な最新設計だ。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホーム黒×金の硬派な存在感! ロイヤルエンフィールド120周年アニバーサリーモデル「INT 650」と「コンチネンタルGT 650」が登場
WEBヤングマシン|新車バイクニュース