人気のTNT125も注目!

打倒GB350に空冷単気筒の刺客! ベネリ「インペリアーレ400」登場、ストファイ系「125S」も6月発売か【東京MCショー】

強力な資本参加で復活を遂げたイタリアのベネリは、尖がったスタイルの小~中ネイキッドで注目されていたが、本格レトロのカテゴリーに参戦。その名も「インペリアーレ400」は、見事なまでに旧車の香りを漂わせる。果たして空冷ロングストロークエンジンの鼓動感は? 細くて大径なタイヤの乗り心地は? 上陸予定の6月が待ち遠しい!

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司) ●写真:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:ベネリ

思いっ切り正統派レトロ! なインペリアーレ400

1911年に創業したイタリアの名跡ベネリ。戦前はレースで活躍し、戦後も小排気量車の生産やレース活動も再開。70年代には250cc4気筒や750cc6気筒など多気筒モデルもリリースしたが80年代後半にいったん姿を消した。しかし90年代半ばにブランド復活し、2005年から中国に本拠を持つQJグループ傘下となり、2016年にボルボやロータスなどを傘下に収める大企業GELLYの資本参加を受けて新生ベネリとして再出発。

前衛的なスタイルのネイキッドやミニモトのTNT125など尖ったファイター系でファンを増やしてきたが、ついに人気のレトロ路線に参入。それが今回初お目見えの『インペリアーレ400』だ。ベネリの日本輸入元を務めるプロトのブースに展示され、注目を集めた。

鋼管パイプのダブルクレードルフレームに、スパッと直立した空冷単気筒エンジンを搭載。旧車然とした丸い燃料タンクやバネ支持のサドルシートに深いフェンダー。そしてフロント19、リヤ18インチの細くて大径なタイヤが、いかにもバイクらしいフォルムと佇まいを醸しだす。このカテゴリーはヤマハSRの生産終了と入れ替わるようにホンダGB350が登場したが、ロイヤルエンフィールドのクラシック350も参入。そんな活気を帯びてきたミドル・レトロだけに、6月上陸予定のインペリアーレ400にも期待が膨らむ!

さらに主力のホットなネイキッド系にも、新作のフルスケール原2スポーツ『125S』が登場したので、ますます目が離せないブランドとなっている。

ベネリ インペリアーレ 400[Benelli IMPERIALE 400]

ベネリ インペリアーレ 400[Benelli IMPERIALE 400] [写真タップで拡大]

ベネリ インペリアーレ 400 エンジン
ベネリ インペリアーレ 400 エンジン

細かな冷却フィンが刻まれ、シリンダーが見事に直立した空冷エンジンはボア×ストローク72.7×90.0mmのロングストロークだけに、ドコドコ感を味わえそうだ。 [写真タップで拡大]

ベネリ インペリアーレ 400 燃料タンク
ベネリ インペリアーレ 400 シート

丸い燃料タンクにはしっかりニーグリップラバーが貼られている。ライダー側シートはクラシカルなスプリング保持のサドル型。ピリオンシートは別体なので、キャリアに換装したりカスタムも楽しめそう。 [写真タップで拡大]

ベネリ インペリアーレ 400 メーター
ベネリ インペリアーレ 400 ステップ

メーターはオーソドックスなアナログ式の2眼と液晶のコンビ。振動を吸収しそうな太めのラバーのステップは相応にミッド配置で、リンクを持たないシフトペダルが懐かしい。 [写真タップで拡大]

ベネリ インペリアーレ 400 マフラー
ベネリ インペリアーレ 400 グラブバー

ヘアライン仕上げのキャブトンタイプのマフラーは、騒音・排ガス対策のためか、かなり巨大で、低く水平に伸びて迫力あり。リヤ周りにはグラブバーやサリーガード風(?)のパイプガードを装備(かなりシッカリしている)するので、タンデムしやすくサイドバッグ類も安全に装着できるだろう。 [写真タップで拡大]

ベネリ インペリアーレ 400 ブレーキ

ブレーキは2ピストンのスライドキャリパー。19インチの大径な前輪がクラシカルな雰囲気をいっそう高めている。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ベネリ インペリアーレ 400[Benelli IMPERIALE 400]

ベネリ インペリアーレ 400[Benelli IMPERIALE 400] [写真タップで拡大]

IMPERIALE 400[2022 model]

主要諸元■全長2170 全幅820 全高1120 軸距1440 最低地上高165 シート高780(各mm) 車重205kg■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 374cc 21.1ps/5500rpm 2.95kg-m/4500rpm 変速機5段リターン 燃料タンク12L■ブレーキF=φ300mmディスク+2ポットキャリパー R=φ240mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=100/90-19 R=130/80-18 ●価格:59万9500円 ●色:黒、銀 ●発売時期:2022年6月頃

パワフルなフルサイズ原二ファイターが登場!

DOHC4バルブの水冷単気筒エンジンは、燃焼効率を追求した3スパークを採用し、スーパースポーツの様なツインスパーフレームに搭載。倒立フォーク&リンク式モノショックの足周りに前後17インチタイヤを履くフルサイズスポーツの走りが楽しみだ。

ベネリ 125S

[写真タップで拡大]

125S[2022 model]

主要諸元■全長2030 全幅780 全高1070 軸距1345 最低地上高170 シート高800(各mm) 車重147kg■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 125cc 12.8ps/9500rpm 1.01kg-m/8500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク10L■ブレーキF=φ260mm ディスク R=φ220mmディスク タイヤサイズF=100/80-17 R=130/70-17 ●価格:39万4900円~ ●色:黒、白、赤、緑 ●発売日時期:2022年6月頃

ハイパーネイキッドの名を継ぐハイパーミニモト

2000年代初頭にベネリがリリースしたビッグネイキッドのTNTの名を引き継ぐミニモトは、トレリスフレームに油冷単気筒エンジンを搭載。プロジェクターランプの並ぶロボ顔やスラッシュカットの2本だしアップマフラーなど、走りもスタイルも過激!

ベネリ TNT125

[写真タップで拡大]

TNT125

主要諸元■全長1770 全幅760 全高1025 軸距1215 最低地上高160 シート高780(各mm) 車重124kg■油冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 125cc 11.1ps/9500rpm 1.01kg-m/7000rpm 変速機5段リターン 燃料タンク7.2L■ブレーキF=φ210mm ディスク R=φ190mmディスク タイヤサイズF=120/70-12 R=130/70-12 ●価格:35万900円~ ●色:黒、白、赤、緑 ●販売中


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース