ホンダの新しいツアラー像|RIDE HI

【ホンダ NT1100 試乗インプレ】アフリカツインをツアラーに仕立て、DCTでクラッチとチェンジ操作がない新スポーツ感覚

●記事提供: ライドハイ編集部

アドベンチャー系がツーリングに選ばれる多さから、新しいツアラーのスタイルを各メーカーが模索

アドベンチャー系と呼ばれるカテゴリーのルーツは、砂漠を走るパリダカール・ラリー。1980年、オンロードのツーリングモデルで重く大きなイメージの水平対向ボクサーツインのBMWが、モトクロスバイクに近い競争相手を尻目に優勝して世界を驚かせたことがはじまりだった。

ホンダも単気筒からNXR750と2気筒マシンを開発、これが人気のアフリカツインのベースとなった。

クルマでいえばSUVイメージに近い大柄でいかにもサバイバルに見えるこのカテゴリーは、ヨーロッパだけでなく世界最大のスポーツバイク・マーケットのアメリカで火がつき、巨大パニアケースを装着した重装備でタンデムツアーを楽しむ層を急激に増やしていったのだ。それまで大きなスクリーンやカウルと低い巨大な車体が頂点だったツアラーを、風に逆らおうがアップライトで身構えるスタイルへと流儀から変えてしまったといえるだろう。

このアドベンチャー系モデルでツーリングする層が急拡大したのに対応して、イタリアやオーストリアのメーカーはタイヤをオンロード仕様にして、よりヘビーなツーリングを可能にする電子制御の装備などを加えたツアラーを次々にデビューさせてきた。アフリカツインという、まさにパリダカの中心的存在をベースモデルに持つホンダも、この最新カテゴリーへ参入したのがエンジンも車体もCRF1100系をベースとして共有するNT1100というわけだ。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホーム手っ取り早くガレージを完成させたい方におすすめ〈デイトナモーターサイクルガレージ ベーシックシリーズ〉
WEBヤングマシン|新車バイクニュース