ねとらぼ交通課の気になるTwitterネタピックアップ

でかぁぁい! タミヤ「モンスタービートル」が実車化。迫力満点の仕上がりに「リアルラジコン」「カッコイイ!」

’22年5月14日〜15日に開催された「第60回 静岡ホビーショー」で、タミヤが「モンスタービートル」を再現したカスタムカーを展示して、話題になっていました。

ねとらぼ交通課

「モンスタービートル」は、タミヤが’86年に発売した電動RCカーシリーズのひとつで、メキシコの砂漠で行われるレース・バハ1000に出場したフォルクスワーゲン ビートルのカスタムカーをモチーフに作られました。小さなボディーに大きなタイヤ…、ちょっぴりちぐはぐな見た目は一度見たら忘れられません。

RC版のモンスタービートル(画像はタミヤの商品ページより)

そんなモンスタービートルが、愛知県にあるカーショップ「ガレージ愛知」(@garage_aichi)の協力で実車化。「モンスタービートル ブラックエディション」をモチーフに作られており、車高といい、タイヤといい、がっつりオフロード仕様になっています。

タミヤの公式Twitterには、元となったRC版モンスタービートル ブラックエディションと実車を上下に並べた画像が投稿されています。

実車になったタミヤ モンスタービートル(画像はTwitterより) [写真タップで拡大]

後ろから見た様子(画像はTwitterより) [写真タップで拡大]

実車版モンスタービートルには、「凄い完成度」「リアルラジコン」といった感想がTwitter上で寄せられ、再現度の高さに驚く人が続出。しっかりナンバープレートも取得済みということで、このままの姿で公道を走ることができるというのも驚きです。

一般道を走るモンスタービートルを見た日には、夢でも見ているのかと困惑しそうですね。


※本記事は”ねとらぼ交通課”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース