オフロード系でおなじみダートフリークから、オンロードバイク用タイヤチェンジャーが登場

ダートフリーク UNIT E1225 ロードバイク用タイヤチェンジャー

オフロードバイクユーザーから圧倒的な支持を得ており、スペシャルパーツや各種工具のコンストラクターとしても知られるダートフリーク。同社は様々な便利工具を擁することでサンデーメカニックにも知られているが、オンロードスポーツバイクユーザーをターゲットにしたタイヤチェンジャーも開発し発売した。ここでは、その実力に迫ってみよう。

●文/写真:モトメカニック編集部 ●外部リンク:ダートフリーク

オフロードバイクのスペシャリスト=ダートフリークがオンロードユーザー向けの本格的タイヤチェンジャーを開発

タイヤ交換作業と言えば、もはやバイクショップではなく、タイヤ専門ショップへバイクを持ち込み、作業依頼するのが一般的!? それでもまだまだ、現場状況や生活環境によっては、DIYでタイヤ交換しないといけないケースが多々ある。そんなユーザーにとって、充実した各種工具や特殊工具を数多くラインナップしているのが、オフロードバイクスペシャリストとして知られるダートフリークである。

社名から想像できるように、オフロードユーザー向け商品に強い同社だが、このたびオンロードユーザー向けの本格的タイヤチェンジャーを開発。注目のホイールサイズは、16インチから19インチまで対応。特筆すべきは、現代のリッタースポーツバイクに多い、極太サイズのリヤホイールに対応していることだ。リム幅6.00サイズの17インチホイールでも、ビードブレークからタイヤ脱着までスムーズに進行。サーキットのスポーツ走行では、タイヤサービスがオープンしていなければDIYタイヤ交換にならざるを得ない。分解すればコンパクトになるこのタイヤチェンジャーなら、トランポ積載時にも狭いスペースで大丈夫。別売りの折りたたみ収納可能なスタンドと組み合わせることで、スタンディングポジションで作業進行できる、”メカニックの腰をいたわる”設計も好評だ。

ダートフリーク|UNIT|ロードバイク用タイヤチェンジャー

【ダートフリーク UNIT E1225 ロードバイク用タイヤチェンジャー】組み立てるとこのようなカタチになる。作業テーブル上/床に置いてのタイヤ交換も可能だが、やはりオプションスタンドと組み合わせて利用したい。●本体サイズ(奥行×幅×高さ)910×580×430mm ●重量8.2kg ●価格:2万1450円
[写真タップで拡大]

ダートフリーク|UNIT|ロードバイク用タイヤチェンジャー

ホイール径は16~19インチに対応。細いスポークホイールからリム幅6.0インチの極太サイズをカバーする。リム幅やホイール径に合わせてブレークポイントは微調整可能。 [写真タップで拡大]

ダートフリーク|UNIT|ロードバイク用タイヤチェンジャー

専用アクスルシャフトでホイールセンターを固定することで、常時タイヤが安定して作業性が圧倒的に高まる。アクスル径はΦ15mm以上とφ20mm以上の2本装備。 [写真タップで拡大]

ダートフリーク|UNIT|ロードバイク用タイヤチェンジャー

数少ない工具で簡単に分解できるので、組み立てた状態で保管できない時には、コンパクトに整理して保管することができる。タイヤ受け部分がゴムシートなので滑りにくい。 [写真タップで拡大]

ダートフリーク|UNIT|ポータブルタイヤチェンジャー

UNIT E1250ポータブルタイヤチェンジャー(1万2980円)と組み合わせることで、腰の高さでタイヤ交換が可能になる。コンパクトながら頑丈設計のため、常に安定した作業が可能になる。これが疲れないのだ!! [写真タップで拡大]

扱いやすい! 旧車トレール専用のリフトスタンド

また、『モトメカニック』誌でも注目した”旧車トレール専用”のリフトスタンドも遂に発売!! これまでにリフト量が大きなモトクロッサー用を使っていたユーザーなら、その扱いやすさを実感できるはずだ。ダートフリークの今後のロードモデル用特殊工具の展開に期待しよう。

ダートフリーク|UNIT|トレールリフトスタンド

【ダートフリーク UNIT トレールリフトスタンド ナローA1350/ワイドA1354】写真の天板はナロー仕様。現代のモトクロッサー用リフトスタンドとは違い、リフト揚程が少ないため、安定した状態で旧車トレールやVMXモデルのメンテナンスができる。●天板サイズ:75×265mm/160×265mm ●最低地上高 230/210~330mm ●耐荷重150kg ●重量5.7kg/6.3kg ●価格:8800円/9680円 [写真タップで拡大]

ダートフリーク|UNIT|トレールリフトスタンド

油圧ダンパーを採用したことで下降時にスーッとゆっくり車体がさがり、踏み込みペダルが急に跳ね上がるのを防止。使ってみればわかる、驚きの使いやすさだ!! [写真タップで拡大]

ダートフリーク|UNIT|トレールリフトスタンド

下降時は天板シャフトをねじ込んで一番低く設定した状況。リフトアップ時は板シャフトを実用最大まで高く設定した状況。バイクをリフトアップした状態で回転させれば調整も可能になる。 [写真タップで拡大]

ダートフリーク|UNIT|トレールリフトスタンド

VMXシーンにも積極的なダートフリーク、同社製品の中でも大人気のリフトスタンドのVMX対応品は、高過ぎないリフトアップ量が特徴。安定した中でメンテナンスできる。 [写真タップで拡大]


※本記事は”モトメカニック”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース