第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

各メーカーが追求しているオリジナリティが集結!

【EICMAで見たアプリリア&国産MotoGPマシン】アプリリアは挑戦的。スズキは見納め?

EICMAの楽しみは、ニューモデルだけではない。むしろ各社のレーサーを一堂に見られる機会はここしかなく、ドゥカティに関しては先日ご紹介した通り。今回はアプリリアと国産メーカーを見ていこう。


●文:ミリオーレ編集部(小川勤) ●写真:小川勤



アプリリアは、市販車とはかけ離れた特異なカタチ

先に紹介したドゥカティのデスモセディチGPと同様、市販車とはかけ離れていた形状をしていたのがアプリリアのRS-GPだった。もちろん2022年シーズンの活躍からなんとなく予想はしていたが、イタリアンの2台と比較すると国産MotoGPマシンはどうしてもコンサバに見えてしまう。

アプリリアとドゥカティのMotoGPマシンは、市販車からはかけ離れた突き抜け感があり、今のMotoGPがいかに特殊な世界かということを痛感させてくれる。

|MIGLIORE|ミリオーレ|アプリリア|RS GP|EICMA2022|アレイシ・エスパルガロ|モトGP|MotoGP
|MIGLIORE|ミリオーレ|アプリリア|RS GP|EICMA2022|アレイシ・エスパルガロ|モトGP|MotoGP

アレイシ・エスパルガロが駆るアプリリアのRS GP。2023年は4台体制で挑むから、開発はよりスピード感を増していくのかもしれない。想像以上に大きな空力デバイスは、いかにも効果がありそうな感じ。スイングアームはカーボン製だった。 [写真タップで拡大]

ホンダは、様々な仕様を展示

RC213Vは、ホンダブースはもちろん、様々なブースに展示されていた。フレームやスイングアームはたくさんの仕様があった。印象的だったのは車体下側のカウリングがとてもスリムなこと。ドゥカティとアプリリアとは対照的なカタチをしている。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|RC213V|EICMA2022|マルク・マルケス|モトGP|MotoGP
|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|RC213V|EICMA2022|マルク・マルケス|モトGP|MotoGP

今シーズンはマルク・マルケスの怪我の影響で実力を発揮できなかったRC213V。スイングアームはカーボン製を装着するが、マルクは復帰後、ドライ走行時はアルミ製を好んで使っている印象。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|RC213V|EICMA2022|マルク・マルケス|モトGP|MotoGP
|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|RC213V|EICMA2022|マルク・マルケス|モトGP|MotoGP

RC213Vの車体下側はかなりスリム。地面とカウルのクリアランスが広そうな感じ。フェンダーもオーソドックスなカタチだ。最近のMotoGPに採用されているフィン付きのブレンボキャリパーは本当にカッコいい。オーリンズ製フロントフォークのアウターはカーボン製。もちろんディスクローターもカーボン製。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|RC213V|EICMA2022|アレックス・マルケス|モトGP|MotoGP
|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|RC213V|EICMA2022|アレックス・マルケス|モトGP|MotoGP

こちらはカストロール仕様のアレックス・マルケスのRC213V。スイングアームはカーボン製。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|RC213V|EICMA2022|アレックス・マルケス|モトGP|MotoGP
|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|RC213V|EICMA2022|アレックス・マルケス|モトGP|MotoGP

こちらもアレックスのRC213Vで、GIVI仕様。カストロール仕様と比較するとフレームも空力デバイスの形状もまったく異なる。ディスクカバーも様々な形状をコンディションによって使い分けている。 [写真タップで拡大]



2022年でMotoGP撤退のスズキと後半戦に大苦戦したヤマハ

今シーズン、もっとも残念なニュースがスズキのMotoGP撤退だろう。休止でなく撤退という声明にとても寂しくなる。2022年のカタールでは2021年を上回るパワーを発揮。ライダーも手応えを得ていたが、この発表があってからはリズムを崩してしまった印象。

今回宿泊したホテルのレストランの方にも「日本人だよね。俺はスズキのMotoGP撤退がとても残念なんだ。GSXシリーズが大好きなんだ」と声をかけられた……。世界中にスズキファンがいることが嬉しかったけど、同時に寂しさが込み上げてくる。

しかし、最終戦で勝利し、感動のレースを観せてくれたチーム・スズキの皆には改めて感謝したい。

|MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|GSX-RR|EICMA2022|アレックス・リンス|モトGP|MotoGP
|MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|GSX-RR|EICMA2022|アレックス・リンス|モトGP|MotoGP

少し前の型ではあるものの、こうしてスズキブースにGSX-RRが鎮座しているのは嬉しい限り。スズキのスーパースポーツはどんな開発をしていくのだろうか……。 [写真タップで拡大]

2022年シーズン、ヤマハYZR-M1×ファビオ・クアルタラロのタッグは後半戦に大苦戦した。ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤとは、第10戦ドイツGPの時点で91ポイントも差があったが逆転されてしまった。バレンシア後のテストでは新しいエンジンやカウルをテストしていたが、来季の活躍に期待!

|MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|GSX-RR|EICMA2022|アレックス・リンス|モトGP|MotoGP
|MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|GSX-RR|EICMA2022|アレックス・リンス|モトGP|MotoGP

ヤマハYZR-M1。いま、ヤマハライダーで比較的好調なのはファビオ・クアルタラロのみ。マシンづくりが変わってきているのだろうか? [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|EICMA2022|モト3|MotoGP
|MIGLIORE|ミリオーレ|EICMA2022|モト3|MotoGP

EICMAにはMoto3マシンも多数展示。一般日には多くのライダーが来場し、ファンと交流していたのが印象的。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|EICMA2022|モト3|MotoGP
|MIGLIORE|ミリオーレ|EICMA2022|モト3|MotoGP

DNAというエアフィルターのメーカーのブースにあったこのマシン。左側に回ると驚く。レースの世界はほとんどがテレスコピックフォークだけにこういったチャレンジはとても興味深い。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|EICMA2022|モト3|MotoGP

フロントまわりをリヤサスペンション同様のモノサス化。複雑にリンクを介する。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|EICMA2022|モト3|MotoGP
|MIGLIORE|ミリオーレ|EICMA2022|モト3|MotoGP

操舵系とサスペンションの動きを独立させることで、新しいハンドリングを披露するはず。ストロークは少ないが、走行中にキャスター&トレールがほとんど変化しないメリットがあるはず。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|EICMA2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|EICMA2022|

ドゥカティのMotoGPテストライダーであるミケーレ・ピッロがCIVスーパーバイク参戦するパニガーレV4R。なんだか凄いつくり込みのステップ。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|EICMA2022|
|MIGLIORE|ミリオーレ|EICMA2022|

インナディスクに装着されたカーボンカバーにはどんな意味があるのだろうか…….。レーサーには様々なアイデアが注入されており、見ているだけで色々な発見がある。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース