RaceReport|Racing Heroes

中須賀克行、コースレコード更新してポールポジション!2番手:榎戸育寛、3番手に濱原颯道【全日本ロード第7戦  岡山 公式予選】

「代役はオレ」で話題を呼んだ加賀山就臣も参戦した全日本ロードレース第7戦の公式予選が、岡山国際サーキットで行われた。加賀山就臣にとって約10カ月ぶりの実践レースにも注目が集まった。

●文/写真:Racing Heroes(駒井俊之) 

駒井俊之(こまい・としゆき)/1963年生まれ。バイクレース専門サイト「Racing Heroes」の運営者。撮影から原稿製作まで1人で行う。“バイクレースはヒューマンスポーツ”を信条に、レースの人間ドラマを追いかけている。

「代役、俺」で話題を呼んだ加賀山就臣は予選7番手

全日本ロードレース第7戦岡山大会。土曜日の公式予選で中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)がコースレコードを更新してポールポジション獲得。2番手に榎戸育寛(SDG Honda Racing)、3番手に濱原颯道(Honda Dream RT桜井ホンダ)。“代役はオレ”で話題を呼んだ加賀山就臣(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)は予選7番手。

今大会の予選はノックアウト方式。35分間のQ1で上位10位を選出、Q2に進む。11位以下はQ1の順位でグリッドが決定する。15分間のQ2で上位10位の予選グリッドを決定する。スタートしてすぐに中須賀が1’31″031をマークしてトップに立つ。鎖骨骨折を押して出場している亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)が2番手につけ、榎戸が続いたところで、関口太郎(SANMEI Team TARO PLUSONE)がヘアピンで激しく転倒、マシン回収のため赤旗中断となる。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース