KUSHITANI RIDING METHOD|KUSHITANI LOGS

なぜ、腰をズラす? その意味、知っていますか? – ライテクをマナボウ ♯21

レース映像を見るとコーナーで大きく腰をズラしているし、ツーリングで行った峠路でも腰をズラしているライダーを見かける。カッコ良いな……と憧れる気持ちと、なんだかヤル気満々でちょっと恥ずかしいかもって感じもするけど、そもそもどうして腰をズラすの?

●まとめ:ミリオーレ編集部 ●外部リンク:KUSHITANI LOGS

腰をズラすとカッコイイ? ズラさない方がジェントル?

コーナーで腰をズラすライディングフォーム、専門的にはリーンインと呼ぶが、この乗り方が登場したのは1970年代のロードレースからで、バイクブームの80年代で一気に有名になり、いわゆる「峠小僧」と呼ばれた昔のライダーたちはこぞってマネをした。

とはいえ一般道を走るライダーの中には、レースのように飛ばすのでないなら車体のセンターに乗るリーンウィズが正統派でジェントル、という意見もあり、この考え方は現在でもある。

しかし、そもそもなんで腰をズラすのだろう? 昔はバイクのバンク角が浅くて深く傾けられなかったからとか、プロライダーは小柄だったからとか、様々な噂が飛び交った。いずれにしてもレースのようなハイスピードで走るのでなければ、ズラす意味はないようにも感じるが……。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース