スマートキーの電池切れでもエンジンはかからない……

【Q&A】エンジンがかからない(泣)……なんで?【こんな時、どうする?】

昨日まで普通に走っていたのに、さっきパーキングに停めるまで問題なかったのに、エンジンがかからない……。猛烈に焦るが慌てずに原因を探せば多くの場合は始動できるので、このチェックポイントだけは覚えておこう!

●文:ミリオーレ編集部(伊藤康司)●写真:富樫秀明、真弓悟史、カワサキ

エンジンがかからなくなった「状況」は?

たとえば冬場などに何カ月も動かしていなくて、いざ乗ろうとしたらエンジンがかからないような場合は、バッテリー上がりや、故障や劣化など様々な原因が考えられ、何かしら修理が必要になる場合がある。また転倒した後などは、やはりどこかが破損したために始動できないこともあるだろう。

近年のバイクは丈夫で壊れにくくなっている反面、トラブルがあると簡単に対処できないケースも多いので、こんな場合はバイクショップに相談するのが賢明だ。

しかし、さっきまで普通に走っていたのにパーキングで休息して走り出そうと思ったらエンジンがかからない、というようなパターンも多い。こんな時は故障ではなく、ちょっとした操作ミスや安全装置が作動している場合が少なくない。あっけなくエンジンがかかることも多いので、落ち着いてチェックしていこう。

まずは「安全装置」をチェック!

もっとも多いのが、次に記した4つのパターン。

1つめはキルスイッチだが、最近はスターターボタンとキルスイッチを兼用する車種も増え、その場合このミスは起こらないが……とにかく確認。キルスイッチがOFF(STOP)でもセルが回るのにエンジンはかからない車種もあり、これに気づかずセルを回し続けてバッテリーが上がってしまうパターンもあるので、必ず確認しよう。

2つめはニュートラル、3つめクラッチレバー、4つめはサイドスタンドだ。ギヤが入っている(ニュートラルではない)のにセルを回して車両が飛び出してしまう事故を防ぐため、この3カ所が連動してエンジンをかからないようにしているバイクが多いので、それぞれの状態を確認しよう。

いずれの箇所も機械的なスイッチを装備しているため、操作に問題が無くてもちょっとした接触不良を起こしているためにセルモーターが回らなかったりエンジンが始動しない場合もあるので、キルスイッチを入り切りしたり、ギヤをいったん1速に入れてニュートラルに戻したりしてみよう。

|MIGLIORE|ミリオーレ|キルスイッチ

キルスイッチはRUNになっているか?
自分で切ったつもりが無くても、ミラーにヘルメットをかけた時に当たったりして切れている可能性もある。古いバイクの中には、キルスイッチがOFF(STOP)でもセルが回る(でもエンジンはかからない)車種もあるので要注意! [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ニュートラル 表示

ギヤはニュートラルに入っているか?
メーターのギヤポジション表示やインジケータランプで確認。さらにクラッチレバーを握らずに車両を前後に押し引きして、実際にニュートラルに入っているかチェックしよう。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|クラッチレバー

クラッチレバーを握っているか?
ギヤがニュートラルに入っていてもクラッチレバーを握らないとセルが回らない車種もあるので、根元までしっかり握ってみよう。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|サイドスタンド

サイドスタンドが上がっているか?
ギヤがニュートラルの他に入っていると、サイドスタンドが出ているとセルが回らない。最後まで完全に上がり切らずに途中で止まっている場合もあるので、きちんと確認! [写真タップで拡大]

警告灯やイモビライザーは大丈夫?

|MIGLIORE|ミリオーレ|Z900RS メーター

最近のバイクはメーター内に様々な情報を網羅。それぞれどんな意味を持つのか覚えておきたい。 [写真タップで拡大]

エンジンやFI(燃料噴射装置)に異常があると、保護のためにセルが回らない車種もある。これが原因でエンジンがかからない場合は基本的に対処法がないので、バイクショップに連絡しよう。ちなみに警告灯の表示はメーカーや車種で異なる(キーONで点灯後にスグに消灯や、エンジンが始動すると消灯など)ので、ハンドブックで表示方法を確認しておこう。

またイモビライザー(盗難抑止装置)が作動したままになっていてエンジンがかからない場合もあるので、警告灯を確認。これはメインキーを抜き差しし直すと復旧する可能性が高いが、それでもだめならバイクショップに連絡だ。

|MIGLIORE|ミリオーレ|スマートキー

スマートキーの電池切れかも

近年エンジンが始動できない原因として増えてきたのがスマートキーの電池切れ。電池切れを起こすと車体側が検知できないので、当然エンジンがかからない。それ以前に電源が入らない(メーター類が起動しない)ので、スマートキーを近づけても無反応な場合は、まずは電池切れを疑おう。大抵は小さなボタン電池で、コンビニ等で買える場合もある。 [写真タップで拡大]

セルモーターの状態は?

安全装置を確認し、警告灯やイモビライザー等も問題なさそうなのに、やっぱりエンジンがかからない……。そんな時、セルモーターはどんな状態だろうか? 回っているかいないか目視ではわからないけれど、音を聞いてみよう。

ちなみにギュ……ギュ……と回り方が弱い場合は、バッテリーが-上がりかけている状態。たとえばパーキングで休息中に、メインキーをOFFではなくPの位置で抜いてしまい、テールランプなどが点きっぱなしになってバッテリーが上がりそうになることはままある。

こんな時は「押しガケすれば良い」という意見もあるが、それは昔のキャブレター車の場合だ。近年のFI(電子制御燃料噴射装置)のバイクの多くは、構造的に押しガケではエンジンがかけられない場合が多いので、チャレンジせずにバッテリーを充電した方が良いだろう。

|MIGLIORE|ミリオーレ|エンジン

セルが元気よく回る
セルモーターが元気良く回るのにエンジンがかからない場合は、キルスイッチがOFF(STOP)になっているパターンが多い。また、たまたまガス欠になっている可能性も無くはないので、燃料計やガソリンが入っているかを確認。近年のバイクではあまりないが、火花が飛んでいない場合もある。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|エンジン

セルの回り方が弱い
セルの回り方が非常に弱かったり、まったく回らずにカチカチとスイッチを入り切りするような音が聞こえる場合は、バッテリーが上がっている可能性が高い。バッテリーを充電するか、他車からバッテリージャンプ(電気を貰う)すれば、セルが回ってエンジンがかかる可能性が高い。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|エンジン

まったく回らない
セルを押してもウンともスンともいわない場合は、前述の安全装置のどれかが作動しているパターンが多い。ただし電源そのものが入らない(メーターやインジケーターが作動しない等)場合は、スマートキーの電池切れやイモビライザーが作動している可能性があるので要確認。また、ヒューズが切れている場合もあるのでヒューズをチェック。 [写真タップで拡大]

ヒューズ切れは原因追求が必要……

|MIGLIORE|ミリオーレ|ヒューズ

ヒューズはシート下やサイドカバー内側などに配置されている。事前にハンドブックで場所を確認しておこう。 [写真タップで拡大]

近年のバイクはヒューズ切れを起こすことは少ないが、後付けした電装パーツやカスタムで配線がショートしたり、電熱ウエアの使用などで過負荷になると切れることはある。

ヒューズボックスのフタを開けて見るだけでは、ヒューズが切れているか否かわからないので、1個ずつ抜いて確認する必要がある。切れている場合はスペアヒューズ(ボックス内にスペアが装備されている場合が多い)に交換してみよう。

ただしヒューズが切れた原因を改善しないと、交換しても再び切れる可能性が高い。この原因究明がけっこう難しいので、ヒューズ切れ→ヒューズ交換→再度ヒューズ切れした場合は、バイクショップに相談する方が良いだろう。

それでもかからなかったらショップに相談

ここまで確認してもエンジンがかからなかったら、バイクショップに連絡しよう。どの箇所をどのように確認したかを正確に伝えれば、対処できる可能性もある(もちろんレッカーするしかない場合もある)。ベテランでも気が焦ると簡単な見落としでエンジンがかからないこともあるので、とにかく慌てないことが肝心だ。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース