第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

RaceReport|Racing Heroes

中須賀克行と渡辺一樹のマッチレース、はたして制したのは……【2022全日本ロード第2戦鈴鹿 決勝レース1】

予選の総合結果は、ポール:中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、2番手は渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)、3番手に亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)、4番手に濱原颯道(Honda Dream RT桜井ホンダ)、5番手に日浦大治朗(Honda Suzuka Racing Team)と続いたが、決勝レース1の表彰台に立ったのは……。


●文/写真:Racing Heroes(駒井俊之)

駒井俊之(こまい・としゆき)/1963年生まれ。バイクレース専門サイト「Racing Heroes」の運営者。撮影から原稿製作まで1人で行う。“バイクレースはヒューマンスポーツ”を信条に、レースの人間ドラマを追いかけている。



レース1。中須賀克行がポール・トゥ・ウィン!2位:渡辺一樹、3位:岡本裕生

第2戦レース1、やはり中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)と渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)のマッチレースとなり、渡辺の一瞬のミスを逃さずトップに立った中須賀が逆転で優勝。ポール・トゥ・ウィンを飾る。3位には岡本裕生(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)とのバトルを制してドライで表彰台に登った。

2&4レース時の予選は朝8時15分から始まる。通常のスケジュールなら朝フリーの時間帯だ。四輪が走った後の路面コンディンション変化に戸惑うライダーが多い中でAグループ、Bグループそれぞれ30台ずつがタイムアタックを行う。Aグループ開始早々中須賀がいきなり2分6秒台に入れて周囲の度肝を抜く。渡辺も2分6秒060と5秒台も見えるタイムで迫るが残り4分で中須賀が2分4秒907の驚速タイム! ポールポジションを獲得する。Bグループのトップは亀井の2分6秒651。自己ベストを更新した。濱原颯道(Honda Dream RT桜井ホンダ)もこのウィークベストの6秒台に入る2分6秒801。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース