第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

RaceReport|Racing Heroes

中須賀克行とガチンコ勝負を挑む新星現る!【2022全日本ロードJSB開幕戦もてぎ 決勝レース2】第2戦鈴鹿2&4直前に振り返る!

今週末の4月23日〜24日(土・日)、鈴鹿サーキットで2輪&4輪のレースがW開催される。「2022 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」を観戦する前に、全日本ロードレース開幕戦で話題をさらった21歳のルーキー・岡本裕生の活躍をレポート。レーシングヒーロー爆誕といえるほどの白熱したトップ争いは要チェックだ!


●文/写真:Racing Heroes(駒井俊之)

駒井俊之(こまい・としゆき)/1963年生まれ。バイクレース専門サイト「Racing Heroes」の運営者。撮影から原稿製作まで1人で行う。“バイクレースはヒューマンスポーツ”を信条に、レースの人間ドラマを追いかけている。



開幕戦レース2。中須賀克行が開幕2連勝!強い。しかし今日の主役はルーキー岡本裕生だった。

開幕戦のレース2はスタート直前の雨で流れが変わった。難しいコンディションの中、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)はキッチリと走り切り2連勝を飾る。岡本裕生(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)はルーキーながら一時トップに立ちレースを引っ張る。3位には渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)。場内を沸かせたのは岡本のアグレッシブな走りだった。

サイティングラップの最中に雨が落ちてきたため赤旗中断。約20分遅れの14:30にスタートした。周回数は2周減算の21周。ホールショットは中須賀が奪う。濱原颯道(Honda Dream RT桜井ホンダ)が2番手、渡辺3番手で1コーナーに進入する。3コーナー進入で渡辺が濱原をパス、4コーナーでは濱原の背後に作本輝介(Astemo Honda Dream SI Racing)亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)が迫る。5コーナー進入で作本がインから濱原を、岡本がコンパクトなラインから亀井をパスして順位を上げる。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース