RaceReport|Racing Heroes

中須賀克行がポール・トゥ・ウィン!【2022全日本ロードJSB開幕戦もてぎ 決勝レース1】第2戦鈴鹿2&4直前に振り返る!

今週末の4月23日〜24日(土・日)、鈴鹿サーキットで2輪&4輪のレースがW開催される。「2022 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」を観戦する前に、ぜひ全日本ロード開幕戦をレポートで振り返ってみよう!

●文/写真:Racing Heroes(駒井俊之)

駒井俊之(こまい・としゆき)/1963年生まれ。バイクレース専門サイト「Racing Heroes」の運営者。撮影から原稿製作まで1人で行う。“バイクレースはヒューマンスポーツ”を信条に、レースの人間ドラマを追いかけている。

開幕戦レース1。中須賀克行がポール・トゥ・ウィン! 2位:渡辺一樹、3位:濱原颯道

2022シーズン開幕戦の全日本ロードレース選手権JSB1000クラス レース1は序盤からトップに立ちレースをコントロールした中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)がポール・トゥ・ウィン。幸先の良いスタートを切った。2位には渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)、3位に濱原颯道(Honda Dream RT桜井ホンダ)が上位表彰台。この3人は初日から変わらずこの位置にいる。

朝10時から始まった公式予選。太陽が出ているとは言えとにかく寒い。序盤に中須賀が1分48秒2をマーク。渡辺が48秒9で2番手につけると濱原が48秒8をマークして2番手に浮上。中須賀が1分47秒964とこのウィークで初めて47秒台に入れた。終盤に渡辺が渾身のアタックで47秒940、リーダーボードのトップに立つ。しかしすかさず中須賀が47秒777のトップタイムを叩き出す。セカンドタイムも中須賀でダブルポールポジションを獲得した。2番手に渡辺、3番手に濱原。やはりこの3人で上位を争った。4番手は亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)、亀井も自己ベストの48秒987。5番手に岡本裕生(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)と続く。


※本記事は”ミリオーレ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホーム中須賀克行とガチンコ勝負を挑む新星現る!【2022全日本ロードJSB開幕戦もてぎ 決勝レース2】第2戦鈴鹿2&4直前に振り返る!
WEBヤングマシン|新車バイクニュース