KUSHITANI RIDING METHOD|KUSHITANI LOGS

シートが高くても、足着き性は解消できる! – ライテクをマナボウ ♯03

スポーツバイクは総じてシートが高い、すなわち足着き性が良くない。だから停車中は両足ツンツンで、常に立ちゴケの恐怖と戦っている……というライダーも多い。足着きに自信を持って不毛な時間を無くすには、バイクを直立させないのがコツだった!?

●まとめ:ミリオーレ編集部 ●外部リンク:KUSHITANI LOGS

両足ツンツンがいちばん危険!

クルーザー系(いわゆるアメリカンタイプ)を除けば、スポーツバイクはシートが総じて高い。大型車はもちろん、250ccクラスでも小柄なライダーだと足着き性に不安を覚えることがあるだろう。ビュンビュン走っていて転倒することは滅多に無いけれど、停車中の「おっとっと!」で立ちゴケしたことのあるライダーは多いハズ。そこで今回は、停車中の足着きについて考えてみよう。

まず、街中の信号待ちなどで目にするのが、両足ツンツンで車体を直立させているパターン。理屈の上では直立させるのがもっとも「軽く支えるコツ」だが、じつはこの直立こそが、どちらに倒れるかわからないもっとも不安定な状態なのだ。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース