ライディングモードでどう変わる?|モーサイ

ホンダ CBR250RRは「スーパースポーツでも30km/Lオーバー」日帰りツーリングなら無給油でイケる!?

●レポート:モーサイ編集部(中牟田歩実) ●写真:モーサイ編集部/舞草 壮

この記事では初心者ライダーからベテランまで幅広い層から愛され、もはや250ccフルカウルスポーツの「定番」とも言えるホンダ CBR250RRを、燃費を中心にレポートします。

ホンダが公表するCBR250RRの燃費スペックは、27.1km/L(WMTCモード値)なのですが、今回行ったテストでは、平均燃費が30km/Lを超えました。

しかもこの数値、特にエコランを心掛けたわけでもなく、行程の3分の1は高速道路をそこそこのペースで飛ばし、テスト中盤には渋滞に引っかかってストップ&ゴーを繰り返すという、いかにも燃費の悪そうな条件下での記録です。

取り回し良好!! 250ccフルカウルスポーツ「CBR250RR」

CBR250RRは2017年4月にホンダが発売した250ccフルカウルスポーツです。

2020年9月にはモデルチェンジを受け、最高出力は従来型より3馬力アップの41馬力、ABSが標準装備されてアシストスリッパークラッチを採用するなど、よりスポーツ性能が高められました。


※本記事は“モーサイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース