エコ勝負は約62km/LのCT125ハンターカブ[’20]〈YM歴代実測ランキング・燃費編〉

1Lのガソリンで何km走れるか? 『ヤングマシン』誌が長年に渡って取り続けてきた実測データから、満タン法で測定した実際の数値での燃費を比較する。小排気量車が有利なのは否めないので、各クラスごとの1位も合わせて紹介する。

●まとめ:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

※当記事に掲載されている各テストは、路面状況/気温/ライダーなどが異なり、厳密な同一条件ではありません。すべて参考数値とお考えください。また、『ヤングマシン』本誌以外の計測データが一部含まれています。ご了承ください。

人気のハンターが唯一の大台突破!

環境にもフトコロにもやさしいバイクを決めるのが、このランキングだ。数値は『ヤングマシン』誌が試乗テストを行った際に満タン法で測定したもの。燃費を計測していない車種も多いが、ここ4年ほどの結果をまとめた。結果は、同系の125cc水冷単気筒を積むホンダ勢が上位を独占。特に最新のCT125ハンターカブが唯一の60km/L台を記録した。燃費がいい乗用車でも30km/L台なので、いかにバイクの燃費が優秀か分かるだろう。なお、メーカー発表値1位のスーパーカブ50(下掲)は残念ながら未計測だ。

最新モデルでは、空冷シングルのGB350が7位、レブル1100が15位に入賞。ニンジャZX‐25Rは高回転を多用する4気筒だけに25位の結果だった。

総合・第1位〈61.99km/L〉ホンダCT125ハンターカブ[’20]:航続距離は約330km也!

’20でデビューし、爆発的人気の本作。交通の流れに乗ってフツーに走っただけで、この燃費を記録した。燃料タンクは、他のカブ系より大きめの容量5.3L。1回の給油で約330km走れる!

ホンダCT125ハンターカブ

【’20 HONDA CT125 HUNTER CUB】 [写真タップで拡大]

実測燃費トップ25

【実測燃費トップ25】測定方法は満タン法(消費した燃料と走行距離から計測)。燃費の単独テストではなく、試乗取材時の計測なので、ルートや走り方が各車で異なる。参考数値として捉えてほしい。 [写真タップで拡大]

100ps超クラス・第1位〈19.0km/L〉ホンダCRF1100Lアフリカツイン[’20]

HONDA CRF1100L AFRICA TWIN

【’20 HONDA CRF1100L AFRICA TWIN】 [写真タップで拡大]

ビッグタンク+電サスの最上位種。ダートでアクションしたため控えめな数値となったが、高速移動が増えれば20km/hは行きそう。

大型クラス・第1位〈32.33km/L〉ロイヤルエンフィールド クラシック500 [’21]

ROYAL ENFIELD CLASSIC 500

【’21 ROYAL ENFIELD CLASSIC 500】 [写真タップで拡大]

基本設計が50年前のビンテージモデル。昔ながらのトコトコした499cc空冷シングルは燃費優秀。

250ccクラス・第1位〈34.9km/L〉ヤマハ セロー250 [’20]

YAMAHA SEROW 250

【’20 YAMAHA SEROW 250】 [写真タップで拡大]

生産終了した軽快トレールがクラス1位。もともと好燃費だったが、O2センサーなどの採用で従来型より燃費がアップしている。

参考・カタログ値では?〈69.4km/L〉ホンダ スーパーカブ50/クロスカブ50:70kmに肉薄

実際の走行条件に近いWMTCモードの燃費を比較すると、庶民の足として有名なスーパーカブと派生モデルのクロスカブ50が1位だった。カタログ値は高い数値になりがちだが、特にCT125は実測値とかなり近い。

カタログ値 燃費トップ10

カタログ値 燃費トップ10 [写真タップで拡大]

HONDA SUPER CUB 50/CROSS CUB 50

【HONDA SUPER CUB 50/CROSS CUB 50】 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報