ダート走行からキャンプまで、ゆるふわで楽しめるファンライドイベント続々開催〈モータリスト〉

モータリスト ファンライドイベント

スクランブラーモデルで知られるファンティック(イタリア)の輸入元・モータリストが、オフロードを楽しむユーザーの敷居を下げたい、キャンプ場入り口のダートに躊躇するぐらいの人が気持ちよくどこでも走れるようになってほしい、という思いから各種イベントを開催している。今回はその中から初開催されたスクランブラーイベントを紹介する。

●文:ゴーライド編集部 ●写真:MANA SAITOH ●外部リンク:モータリスト

ゆるやかに、ふんわりファンライドした2日間

スクランブラーなら誰でも歓迎のゆるふわイベント「スクランブラーミーティング」が、5月21〜22日の2日間、アサマレースウェイで初開催された。会場はほぼフラットな火山灰のダートで、ストリートモデルでも十分以上に楽しめる。本当に初めてオフロードを走る! というユーザーも多数参加していた。

スクランブラーミーティング|モータリスト

[写真タップで拡大]

参加はファンティック キャバレロスクランブラーやXEF250トレールが中心ながら、ドゥカティやトライアンフのスクランブラーモデルや、カワサキKMX200のようなトレールモデルも。参加者は走るだけではなく、思い思いにキャンプも楽しめるイベントとなった。

スクランブラーミーティング|モータリスト|三橋淳|河村ヒロシ

会場には、パリダカライダー・三橋淳さんやモトクロスIA・河村ヒロシさんも登場! [写真タップで拡大]

また今回の参加者には、ダカールラリーライダーの三橋淳さんや、モトクロスIAながらスタイリッシュにキャバレロスクランブラーを楽しむ河村ヒロシさんが、「ちょっとカッコよく見える走りを安全に楽しむコツ」を伝授するシーンも。カッコよく怖くなく気持ちよくダートを走り、セクションにトライして成果を体感することもできた。そして最後は三橋さんの壁のぼりパフォーマンスに魅せられて、楽しい締めくくりとなった。

スクランブラーミーティング|モータリスト|三橋淳

大いに沸いた、三橋さんのヒルクライム。ハードエンデューロに復活参戦か? [写真タップで拡大]

モータリストではこのイベントを毎年継続する。初心者からベテランまで気軽に参加でき、各自のペースで楽しむことができる。次回は’23年5月末、アサマレースウエイで開催予定。今回参加できなかった方は、ぜひ次の機会に参加してみては?

また、福島県只見町を舞台にラリーツーリング/ゲレンデヒルクライム/キャンプ/試乗etc…を楽しめる「TAGOKURIDER MEETING」ほか、オフロード遊びを身近にゆるく楽しめるイベントも開催。一緒にゆるいファンライドを楽しもう!

スクランブラーミーティング|モータリスト

[写真タップで拡大]


※本記事は“ゴーライド”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース