竹川由華、全部見せちゃう!? 最新ドラレコ徹底解説!!

  • BRAND POST[PR]: LINKS[ミッドランドetc.]

CIELの前後2眼のドライブレコーダー「YUMI」。取り付けはバイクに詳しい人はご自身でも可能、ということで、私も自分でできるかも!っと思っていたのですが、やっぱり心配だったので、和光2りんかん様に取付けをお願いしました。今回は特別に、作業中の様子を見ながらレポートさせていただきます!

⚫︎文:竹川由華 ●BRAND POST提供:CIEL

竹川由華

竹川由華(たけかわ ゆうか)1999.5.16生まれ。滋賀県出身。両親の影響でバイクに興味を持ち19歳で大型免許を取得。愛車はCBR250RR(2020モデル)とGPZ750。2023年〜CIEL(シエル)公式アンバサダーに就任。2021年~BDSバイクセンサーのイメージガールとしても活動中。舞台、グラビアなどマルチに活躍中。

愛車のCBR205RRにドライブレコーダー YUMIを取付けました!

CIEL-シエル- ドライブレコーダーYUMI Gps

CIEL-シエル- ドライブレコーダーYUMI GPS【日本企業総監修 国内専用モデル】

前後2眼、200万画素 Full HD 1080pの記録画素数で、東・西日本全国のLED信号機に対応する27.5fpsのフレームレートを採用し、昼夜問わず、鮮明に走行状況を記録する事が出来ます。

2モデル[GPS搭載・非搭載]からお選びいただく事が可能で、GPSモデルは、位置情報から走行情報(速度・方位)まで記録する事が可能です。

自社で一貫して総監修、販売を行う事で生産・物流コストを削減し、新価格帯での販売が実現したハイコストパフォーマンスのドライブレコーダーです。

竹川さんが実体験! 和光2りんかんさんで取付けていただきました。

今回私のバイクに取り付け施工して下さったのは和光2りんかんピットスタッフの安井さんです! まず、最初に本体、カメラ、コントロールスイッチ、GPSユニットの取付場所を安井さんと相談させていた後、取付けていただきました。

CIEL-シエル- ドライブレコーダーYUMI Gps

まずは商品の中身をチェック

 箱の中には、こちらものが同梱されています。

CIEL-シエル- ドライブレコーダーYUMI Gps

CIEL-シエル- ドライブレコーダーYUMI Gps

  • 本体
  • コントロールスイッチ
  • カメラユニット2個
  • GPSユニット
  • 電源ケーブル
  • USB電源ケーブル(USB Type-A)
  • カメラユニット延長ケーブル2本
  • 本体取付面ファスナー
  • カメラマウント
  • microSDカード(初回限定)*本体セット済み

*ドラレコ ナンバーステーは別途ご用意ください

さっそく、取り付け作業開始!

まず、最初に本体、カメラ、コントロールスイッチの取付場所を安井さんと相談させていた後、取付けていただきました。

CIEL-シエル- ドライブレコーダーYUMI Gps

CIEL-シエル- ドライブレコーダーYUMI Gps

ナンバープレートを外す→リアカメラを設置→カウルを外して本体をシート裏に設置→フロントカメラを設置→コントロールスイッチ設置→GPSユニット設置→電源を取って綺麗に配線→カウルを取付て完成‼︎

取付け位置にも気を配りながら細かい作業をしていただきました。

取付け作業のポイント、取付けの難しさを実感!

施工をしていただいた安井さんに取り付けのポイントを教えていただきました。

『基本的にはカメラ本体の位置は決まってしまっているので、配線をいかに美しく、綺麗に通すか、見えないところで配線をまとめるというところがポイントで、側面の配線の通り方がとくに重要』

安井さん

最初は自分でも『取付けが出来そう』と思いましたが、実際の作業を見学し取付け工程を見ると、複雑で私にはかなり難しいなと感じました。

話を伺うと、とくに配線方法に気を遣っていて、隙間のないバイクでも綺麗に配線し、電気系統のトラブルを発生させない事は勿論、お客様が快適なバイクライフを送れるよう徹底しているとの事でした。

場合によっては、配線を綺麗にしまい込むために、ガソリンタンクも外すとの事…私には到底出来ません…。

また今回はスポーツタイプのバイクでしたが、アメリカンバイクやネイキッドバイクになるとカウルは外さなくてもいいが、配線が見えてしまう分、より綺麗に配線を通さないといけないなど違った難しさがあると教えていただきました。

2りんかんさんでは、メーカーや車種によっては取付けが難しい車体もあるが、 [YUMI]のコンパクトな本体サイズであれば、取付け方法も幅広く提案する事ができる為、ほとんどの車両に取付けが出来ます。興味のある方はまずは相談して下さいとの事でした。

この作業を見て『難しい』と思った皆さんは、お見せでの取付け作業をお勧めします。

『ドラレコ欲しいけど、本体と取付け工賃を合わせると高額になる』と思っている方、シエルのドライブレコーダー[YUMI]はカメラ性能[最高スペック]でお値段が18,000円(税込)~販売しています。

全国2りんかんさんで販売しているのでぜひ、お近くの店舗に足を運んでみて下さい!

実際に走行&アプリで動画チェック!

さっそくですがYUMIを設置後、走行してきました! キーを回すとコントロールスイッチが点滅し録画が開始!なんの操作もいらなくとても簡単です。

通常時(運転時)は『ループ録画』と言って、常に上書き保存がされるので、いちいちのデータ削除はしなくてOKです。自動で古いファイルから上書きされます。

では、『衝撃時や転倒時は?』と感じた方、安心して下さい。アプリで衝撃感知レベルを[OFF/LOW/MID/HIGH]と4段階に設定する事が出来ます。これを設定しておくと一定の衝撃を感知した際に[イベント録画]と言って、上書きされないデータとして保存されるのです。

もしもの事故や、転倒してしまったデータはしっかり保存されるので、安心です!

[日中の走行動画]

日中の走行動画

とても鮮明に記録され、標識や信号がバッチリ確認出来ます! コントロールスイッチで保存したい動画のロック、写真撮影も出来て、データ確認の際には日時や速度、位置情報*も記録されます。

ボタン操作で録画データを[イベント録画]として保存することが出来ます。ツーリング先の絶景や残しておきたい風景など、そういった場合にも使えますね!

*走行速度、位置情報はGPSモデルのみとなります

[夜間の走行動画]

夜間の走行動画

夜間も信号、標識の確認が出来て、接近する車のナンバーも視認出来ます。調光性能が良く、はっきりと確認する事ができる画質でした。日本全国のLED信号機に対応している点も高評価ですね。

[ダイジェスト編]

ダイジェスト編

カメラ性能が、他有名ブランド商品と同様の200万画素Full HD 1080Pでとてもコストパフォーマンスが良く、画質もとても綺麗なのでまだドラレコを付けてない人にお勧めしたいドラレコです。

アプリを使用してスマホと接続すれば、すぐに映像を確認する事もできるので、とても便利! 選択した動画をスマホの写真フォルダーに保存して、直ぐにSNSにUPする事も出来ます。

まとめてダウンロードしたい時は本体からmicroSDカードを取り出してパソコンで確認する方法がお勧めです。これからYumi をつけていろんなところを旅したいと思います!

商品仕様

  • 入力電圧:DC8~36V
  • 出力電圧:DC5V-2A
  • 動作温度範囲: -10~60℃
  • 視野角:120度
  • フレームレート: 27.5fps
  • 防水規格:本体IP65 カメラIP67
  • 記録画素数:前後 Full HD 1080p
  • ファイル形式:MOV
  • 記録メディア:micro SDカード16~128GB(推奨64GB) Class10及びUHSスピードクラス1以上対応

商品情報

商品名品番JAN本体価格 (税込)
ドライブレコーダーYUMI GPS [GPS搭載]CL-MT15-G457147967166522,000円
ドライブレコーダーYUMI   [GPS非搭載]CL-MT15457147967165818,000円

【ご購入先リンク】


※本記事はLINKSが提供したもので、一部プロモーション要素を含みます。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。