スロットルを開けた瞬間に分かる力強いトルク感!ハンターカブ用マフラーで「気持ちイー!」を体感

  • BRAND POST[PR]: スペシャルパーツ忠男

搭載されるエンジンが様変わりしたのに合わせて、SP忠男は2023年モデル用に完全新設計のCT125ハンターカブ用PURESPORTマフラーを開発しました。特徴的なオーバル形状のエキゾーストパイプやスリムなサイレンサーなど、全体的なフォルムは2022年までと大差ないように見えるものの、各部の仕様を2023年モデル用に最適化したPURESPORTの「気持ちイー!」を、ベテランオーナーに体感してもらいました。

●BRAND POST提供:スペシャルパーツ忠男

エンジン仕様の変更に合わせてトルクラインを整えた2023年用PURESPORT

2023年型CT125ハンターカブは、シリンダーが大きく前傾したホンダ原付シリーズ用エンジン伝統のレイアウトを踏襲しながら、ボアストロークの変更やエンジン特性の味付けによって大きく変貌を遂げています。

ノーマル車をノーマル状態で乗るライダーや、2023年モデルで初めてCT125に触れるライダーは前モデルとの違いに気がつかないかも知れませんが、私たちSP忠男の開発陣にとって、エンジン特性の違いは明らかでした。

具体的には、トルクの盛り上がりが従来より高回転寄りになっていて、2020~2022年モデル用のPURESPORTのままでは私たちが掲げる「気持ちイー!」とは若干異なる印象だったのです。

そこで2023年モデルのエンジン特性に合わせながら、「心地よさ」と「爽快感」を実感できる新型マフラーを開発したエピソードは、前回レポートした通りです。

具体的にはオーバル形状にループするエキゾーストパイプ長の見直しで低回転からわき上がるトルクを実現し、高回転につながる爽快な伸びを向上させるべくメインパイプの長さや太さを変更して最適な仕様を決定しています。

デザイン上のアクセントともなるオーバル形状のエキゾーストパイプとスリムなサイレンサーの組み合わせは2022年以前用と同様のため、一見した印象に大きな違いはないかも知れませんが、このように細かな仕様変更を行っているのが2023年用PURESPORTの特長です。

もう一点付け加えるなら、2023年仕様はマフラー後部のマウント方法も異なります。以前はサイレンサーバンドを用いてリヤサスアッパーマウントと共締めしていましたが、新型はメインパイプ下部のプレートでフレームに固定するよう変更しています。

そのため、メインパイプとサイレンサーがよりすっきり見えるようになっているのが、デザイン上の注目ポイントとなっています。

SP忠男|CT125|マフラー

2023~CT125ハンターカブ(8BJ-JA65)PURESPORTチタンブルー
税抜価格8万9900円

ステンレス製エキゾーストパイプとメインパイプに、ブルーのチタン製サイレンサーを組み合わせたスリムでスタイリッシュなCT125ハンターカブ用PURESPORT。

SP忠男|CT125|マフラー

純正仕様と比較してマフラー部分の軽快さは明らか。サイレンサーはコンパクトで排気音は歯切れが良いが消音は充分で、もちろん公道走行可能。

SP忠男|CT125|マフラー

2023年モデルでエンジンが変わってエキゾーストパイプ接側部の位置が変わっただけでなく、オーバル状のエキゾーストパイプも新型に合わせて開発を行い、前モデル用とは太さと長さが変更されている。

SP忠男|CT125|マフラー

サイレンサーにバンドを巻いてリヤサス上部ナットで共締めした前モデルと異なり、2023年用はセンターパイプ下のステーでフレームに固定するため、マフラー全体がすっきり見える。

一般的な工具があれば取り付けはボルトオンでOK

マフラー開発を30年以上に渡って行ってきたSP忠男にとって、製品がボルトオンで確実に取り付けできることも重要です。

SP忠男製マフラーのテーマである「気持ちイー!」は走りの「心地よさ」と「爽快感」にありますが、ユーザーの皆さんが取り付けに手間取ったり加工が必要なようでは気持ちイー!とは言えません。

ツインや4気筒エンジンに比べれば、単気筒のCT125ハンターカブ用PURESPORTの装着は難しくありません。

数少ない要注意ポイントとしては、オーバル形状のエキゾーストパイプと純正アンダーフレームが干渉しないよう、マフラー全体を垂直に支えながらアンダーフレームとシリンダーの隙間を通すことぐらいです。

エキゾーストパイプのフランジと金具を仮止めすれば、メインパイプ下部のマウントプレートのボルト穴とフレームのナットの位置はピッタリ合うように設計してありますし、メインパイプとサイドカバーのクリアランスも適正に確保しています。

ただし車体とPURESPORTの個体差によっては、オーバル状のエキゾーストパイプとエンジン下部のアンダーカバーの隙間が少ない場合もあります。その際はアンダーフレームとアンダーカバーの間に付属の平ワッシャーを挟んでクリアランスを確保して下さい。

マフラー交換|CT125

純正マフラーはエキゾーストパイプからサイレンサーエンドまでヒートガードで覆われている。かつて存在したCT110のイメージを再現したものだが、車体後部まで伸びるサイレンサーによって車体全体が重く見える。

マフラー交換|CT125|アンダーカバー

アンダーカバー四隅のボルトを取り外して、アンダーフレームからカバーを取り外す。アンダーカバー後部にフックがあるので、前部を下げつつ前方に引き出すように外す。

マフラー交換|CT125|サイドカバー

サイドカバーは2カ所で固定されている。下部のプッシュリベットは中心のピンを細い棒(ここではヘックスレンチ)で押し込むとロックが外れて下に引き抜くことができる。

マフラー交換|CT125|サイドカバー

カバー後部を固定しているプラスビスはプラスドライバーで取り外す。作業空間が狭いので軸とグリップが短いスタッビドライバーがあると重宝する。

マフラー交換|CT125|サイドカバー

プッシュリベットとビスを外しても、カバーの爪がボディに刺さっているので、爪の位置を確認しながら慎重に取り外す。外れた拍子にキックペダルに当たる可能性があるので、ウエスなどで養生しておくと良い。

マフラー交換|CT125|フランジナット

エキゾーストフランジナットを取り外す。スパナやメガネレンチはエンジン本体に干渉するので、エクステンションバーを取り付けたソケットレンチを使うとスムーズに作業できる。

マフラー交換|CT125

サイレンサー下側のボルトを取り外す。このボルトもソケット+エクステンションバー、またはソケット+T型ハンドルの組み合わせで取り外すのが効率的だ。

マフラー交換|CT125|サイレンサー

サイレンサー上部ステーはリヤサスアッパーマウントと共締め。固定用のナットはメガネレンチかスパナで取り外す。サイレンサー本体と干渉するためソケットレンチは使えない。

マフラー交換|CT125|取り外し

フレームカバーやアンダーフレームをガムテープなどで適宜養生して、エキゾーストパイプをシリンダーとアンダーフレームの隙間に通しながら斜め後方に引き上げる。

マフラー交換|CT125|ガスケット

排気ガス漏れを防ぐため、マフラー交換時はエキゾーストガスケットを新品に交換する。ガスケットがシリンダーヘッドに食い込んでいる場合は、マイナスドライバーなどで引き抜く。

マフラー交換|CT125|ガスケット

エキゾーストガスケットはマフラーに含まれないので別途用意する。シリンダーヘッドに押しつける側に液体ガスケットを塗布することで、接着剤代わりとなり落下防止にも役立つ

マフラー交換|CT125|SP忠男

純正マフラーとリアサスペンションを固定するナット(左)は先端にボルトが付いており、PURESPORT取り付けには不要となるので、マフラーに同梱されている袋ナット(右)に交換しておく。

マフラー交換|CT125|SP忠男

純正マフラーの下側ステーからツバ付きカラーとゴムダンパーを取り外して、PURESPORTのステーに移設する。カラーはツバが奥(車体側)になる向きに取り付ける。

マフラー交換|CT125|SP忠男

オーバル形状のエキゾーストパイプがスムーズに取り付けできるよう、シリンダーにボルト止めされている排気ガスセンサーのカバーを外し、プラグキャップも引き抜いておく。

マフラー交換|CT125|SP忠男

アンダーフレームとシリンダーの隙間を狙って、PURESPORTのエキゾーストパイプ部分を上から差し込むように通す。知恵の輪のようにマフラー本体の向きを変えながら、エキゾーストパイプ部分が干渉しないよう慎重に取り回す。

マフラー交換|CT125|SP忠男

エキゾーストガスケットが落下していないことを確認してフランジナットを締め付ける。フランジが傾かないよう、左右のナットを交互に均等に仮締めする。

マフラー交換|CT125|SP忠男

メインパイプ下部のステーを仮締めしたら、エンジンや車体各部にマフラーが干渉していないことを確認して本締めする。その後、付属のボタンボルトでマフラーガードを固定する

マフラー交換|CT125|SP忠男

車体やマフラーの個体差により、エキゾーストパイプとアンダーカバーの隙間が少ない時は付属の平ワッシャーを挟んでクリアランスを確保する。

ローギヤで走り出した途端に分かるトルク感とスムーズな回転上昇を実感できる

ローギヤで走り始めた瞬間から増大したトルクを実感でき、エンジン回転の伸びの良さで爽快感を味わえる。ボルトオンでCT125 のイメージが一変するPURESPORTはまさに気持ちイー!マフラーだ。

CT125ハンターカブ用PURESPORTチタンブルーを装着した内田さんは、ホンダCRF1100Lアフリカツインを手足のように扱うオフロードのエキスパートであり、一方で4年間に渡ってクロスカブ110のモディファイを行ってきたベテランライダーです。

日常の通勤の足と原2ツーリング用に購入したCT125は走行1,000km未満の新車状態で、チューニングを重ねたCC110とスタンダード状態のCT125との違いもしっかりと把握しています。

そんな内田さんにPURESPORTの印象を伺うと、撮影地点までのほんの少し走っただけでその違いがあったとのことです。

「ローギヤに入れてスロットルを僅かに開けただけで、ノーマルとはまったく異なるトルク感がありました。いろいろいじったCC110 がかなり速くなった分、スタンダードのCT125はもっさりとした印象がありましたが、マフラー交換だけで明らかに力強くなっています」

と語って下さいました。その上で、

「スロットルを開ければ開けた分だけエンジン回転がスムーズに上昇しますが、回転だけが勝手に上がる感じではなく、車体を気持ちよく押してくれるような感じが新鮮です。また低いギヤで早めにシフトアップしていっても、低回転のトルクが豊かなのでギクシャクすることなく粘り強く走行できるのも、明らかにPURESPORTの効果だと思います」

とのこと。今後もこのように「気持ちイー!」を体感してもらえるようにさまざまな車種用の新型マフラーを開発していきます。どうぞご期待ください!


※本記事はスペシャルパーツ忠男が提供したもので、一部プロモーション要素を含みます。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。