Araiが北米でアストロGX(北米名:Contour-X)を発表!

  • 2023/01/21
  • 【BRAND POST】アライヘルメット
アライヘルメット アストロGX

先日、ロサンゼルスで発表されたアライヘルメットのアストロGX(北米名:Contour-X)。その模様のレポートをお伝えしたい。

●BRAND POST提供:アライヘルメット

脱ぎ被りが楽で被り心地も良好。軽量&スネル規格の安心感

去る12月12日、ロサンゼルス市内にてアライヘルメットの新製品であるアストロGX(北米名:Contour-X)が発表された。

会場はBike Shedという西海岸のバイカーにも大変注目されているカフェ&レストランだ。バーバー、タトゥーショップ、アパレルショップ、そしてカスタムバイクの展示、バイクの博物館まである。

アライヘルメット アストロGX

[写真タップで拡大]

雑誌や媒体などからの11名のゲスト、関係者のほか、AMAスーパーバイク選手権のJosh Herrin選手、また元レーサーであるJake Zemke氏や、4回のAMAスーパーバイク選手権でタイトル獲得したJosh Hayes氏らも参加した。

アライヘルメット アストロGX

[写真タップで拡大]

会場では、冒頭でヘルメットのかわす性能の説明が行われ、参加者も大切さを理解したみたいだ。そして、いよいよ新製品アストロGXの発表後、午前10:30に参加者たちはアストロGXを体感するためにバイクに乗り出発した。

アライヘルメット アストロGX

[写真タップで拡大]

途中で小雨が降ったものの、太平洋の沿岸の快適なハイウェーを西へと向かい、海岸沿いから山へといろいろなコースを走り、昼食と休憩は一か所のみで、参加者たちはアストロGXを体感しながら爽快に走り続けた。

そして夕方、再びBike Shedへと戻り、アストロGXの体験会を無事終えた。

アライヘルメット アストロGX

[写真タップで拡大]

アストロGXについては、脱ぎ被りが楽で、被り心地も更に進化していて、スネル規格の安心感と共にとても軽量だと好評価を得られた。そして、フロントマークダクトなどのベンチレーション、それとスポイラーによる安定性なども大変好評であった。

また、インカムを取り付けた参加者もいたが、取り付けも難なく出来て着用しても違和感はなかったそうだ。プロシェードを使ったライダーたちは、西海岸の夕方の日差しを受けてもとても快適に走れたと語った。

アライヘルメット アストロGX

[写真タップで拡大]

アライヘルメット アストロGX

[写真タップで拡大]

アライヘルメット アストロGX

[写真タップで拡大]

アライヘルメット アストロGX

[写真タップで拡大]

アライヘルメット アストロGX

[写真タップで拡大]

大変楽しく過ごせた一日であった。そして、アストロGXは、アメリカのバイカーたちに受け入れると確信した一日でもあった。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース