アクティブ ニンジャZX-25Rストリートカスタムスタイル見参!!【ワイドタイヤで別格の安心感】

  • 2021/08/16
  • 【BRAND POST】アクティブ
アクティブカスタムZX-25R

●文:横田和彦 ●写真:真弓悟史 ●BRAND POST提供:アクティブ

クラスを超えたルックスと高い走行性能を両立!

アクティブが製作した公道ターゲットのニンジャZX-25Rカスタム車を見て最初に思ったのは「このリヤビューは250じゃない!」 それもそのはず、装着されているリヤタイヤは2クラス上のニンジャZX‐6Rと同じだからだ。

そのインパクトはかなりのモノ。しかし同時に「ちゃんと曲がるのかな?」という疑問が。タイヤサイズはコーナーリング特性に与える影響が大きい。太すぎると動きが鈍くなるのでは…、という懸念があるのだ。アクラポヴィッチのサイレンサーからノーマルより太いエキゾーストノートを響かせコーナーに進入。すると狙ったライン通りスッと素直に寝ていくではないか。しかもバンク中はノーマルよりも安定している感覚。それはワイドタイヤの恩恵だろう。コーナーの出口でスロットルを開けていくと、路面に確実にパワーが伝わっていることが感じられる。次のコーナーへ向けての切り返しも安定していて、走行ラインを追いやすい。ビッグバイクに近い挙動によって、気持ちに余裕ができることがわかる。もっとパワーがあっても大丈夫だと思うほど。タイヤが太いことによるネガは微塵も感じなかった。

しかし大幅にサイズアップしているのに自然な乗り味なのはなぜだろう? 開発スタッフの宇田知憲氏によると、ゲイルスピード製のリヤホイールはリムサイズが5.5インチと太くなっても4.5インチのノーマルより軽いのだという(ノーマルの6.8kgに対し5.5kg)。さらにハイパープロサスペンションとフォークの突き出し量の調整により、ディメンションや減衰の最適化が行われていることも大きい。

操作系の変更もメリットがある。タレ角が増したハンドルはスポーツフィール満点だし、剛性が高いバックステップが最適な位置にあるので、荷重による車体コントロールがしやすい。そしてゲイルスピード製に交換されたフロントブレーキシステムはコントロール幅が広く、コーナーの奥まで軽く引きずっていくような芸当もできる。スポーツバイクとしてのポテンシャルがグッと高まっているのだ。

見た目のインパクトとクラスを越えたスタビリティを併せ持つアクティブ製ZX‐25Rは、新たなカスタムの提案だと言える。参考にしたい1台だ。

アクティブカスタムZX-25R

[写真タップで拡大]

アクティブカスタムZX-25R|車両開発担当 宇田知憲氏
[写真タップで拡大]

【車両開発担当:宇田知憲氏(左)ZX-25Rはサスセッティングに対する反応がシビアな車種。ほんのわずかな変更で動きが大きく変わるが、そこが楽しいと宇田氏は言う。

アクティブカスタムZX-25R|リヤタイヤ
アクティブカスタムZX-25R|フロントタイヤ

【クラスを越えた太足に注目! これで純正よりも軽いのだ】スイングアームやフレームなどに一切手を加えずチェーンラインが確保できることから、リム幅5.5インチのゲイルスピード製アルミ鍛造ホイールを採用(STDは4.5インチ)、タイヤサイズを150/60R17→180/55ZR17にアップ。フロントホイールのリム幅はSTDと同じ3.5インチだが、タイヤは110/70R17→120/70ZR17に変更されている。 [写真タップで拡大]

アクティブカスタムZX-25R|リヤサスペンション
アクティブカスタムZX-25R|リヤサスペンション

【幅広い調整幅を持つリヤサスペンション】油圧プリロードアジャスター付のハイパープロ製モノショックは、初期の動きやすさと高負荷時の踏ん張りを両立させる独自のスプリングを採用。日本人の体格や道路事情に合わせたセッティングが施されている。 [写真タップで拡大]

アクティブカスタムZX-25R|フロントブレーキ
[写真タップで拡大]

【レースでも実証されている信頼のブレーキ】削り出し4POTキャリパーは高剛性でたわみが少ない。細部まで精密に削れる2ピース構造で軽さも追求。クロスロックローターは車種別の専用設計。ビルドアライン製のカラーブレーキホースがワンポイントだ。

アクティブカスタムZX-25R|マフラー|アクラポビッチ レーシングライン
[写真タップで拡大]

【レーシングサウンドで迫力UP】アクラポヴィッチ製のレーシングライン(JMCA認証取得)はノーマルよりも太い排気音が魅力。バンク角を考慮した断面形状のカーボンサイレンサーによってレーシーなルックスになるのもよい。

アクティブカスタムZX-25R|スクリーン|ゼログラビティ
[写真タップで拡大]

ゼログラビティのスクリーンは高めのコルサで防風効果を向上。

アクティブカスタムZX-25R|セパレートハンドル
[写真タップで拡大]

【タレ角の変更により攻めのポジションに】純正より2度タレ角を付けつつ手前となり、角度も絞れる専用ハンドルでポジションを調整。またこのハンドルキットにすることでゲイルスピード製ラジアルマスターシリンダーが装着可能となる。

アクティブカスタムZX-25R|ゲイルスピード ラジアルマスターシリンダー

ゲイルスピード製のラジアルマスターシリンダーにより、レバータッチとコントロール性が大幅に向上。ブレーキスイッチ付きなので公道でも使用可能だ。 [写真タップで拡大]

アクティブカスタムZX-25R|ゲイルスピード ワイヤークラッチホルダー

同じくゲイルスピード製のワイヤークラッチホルダーキットを装備。ガタが少なく確実なクラッチ操作ができる。レバーが曲がるので転倒しても折れにくい。 [写真タップで拡大]

アクティブカスタムZX-25R|バックステップ
アクティブカスタムZX-25R|バックステップ

バックステップ(フットコントロールキット)は滑りにくいステップバーと、体重をかけても歪まない高剛性が特長。スポーツ走行向けの2ポジションとして構造もシンプルにしている。 [写真タップで拡大]

アクティブカスタムZX-25R|フェンダーレスキット
[写真タップで拡大]

フェンダーレスキットとLEDナンバーサイドウインカーコンパクトによってテールまわりをスッキリと仕上げる。

アクティブカスタムZX-25R|フレームスライダー
[写真タップで拡大]

万一の転倒時に被害を抑制するラウンドタイプのフレームスライダーをセットしている。

アクティブカスタムZX-25R|おもな装着バーツ

【高いトータルバランスはすべてが自社製品ゆえ】これだけのカスタムパーツが揃うのはアクティブならでは。多くの部品を交換していながら見た目のチグハグ感がないのは多くのカスタムバイクを製作してきた経験があるからだろう。ブラック×ゴールド×シルバーの高級感あるカラーリングの効果もありクラスを超えた質感がある。開発中のパーツも多数あるそうなので、当分アクティブからは目が離せない。 [写真タップで拡大]

アクティブカスタムZX-25R|テスター横田和彦
[写真タップで拡大]

【テスター:横田和彦】雑誌やWebにインプレッションやツーリング記事などを寄稿するバイク歴36年のフリーライター。原付から1000ccOVERまで数多く乗り継ぎ、草レースも楽しんでいる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報