インドではカフェレーサーが登場間近!?

ホンダ「GB350」に純正カスタムが超バリエーション展開?! ヤンマシCGが本当になりそう!

シンプル&プレーンなスタイルのホンダ「GB350」は間違いなくカスタムが映える! そう信じたヤングマシン編集部では、2021年春の発売を間近にカスタム提案の先走りCGを多数展開した。そして2023年春以降、それらのいくつかが現実のものになろうとしている(らしい)!


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●写真:SRD

ホンダがやってくれる!

2022年には126~250ccクラス王者の「レブル250」、401cc以上クラス王者の「Z900RSシリーズ」を上回る販売台数を記録したホンダ「GB350/S」。全クラスを車種別に見ても、GB350/Sを超えるのはPCX(125)のみという超売れっ子マシンである。

シンプルなスタイリングにロングストローク設定の空冷2バルブ単気筒を搭載することから、当然カスタムシーンの盛り上がりにも期待がかかったが、コロナ禍によるマフラー認証テストの遅れなどから、一気に勢いづいたというほどでもなかったというのが正直なところ。

しかし、旧車好きの熱い開発者たちの手で世に出たGB350/Sは、前述のように多くのユーザーに受け入れられている。これをホンダが放っておくはずがない。カスタムパーツメーカーが盛り上がりを見せ始めるのと歩調を合わせるように、大胆なスタイルチェンジを可能とする純正カスタムパーツを一挙に投入するという情報が入ってきたのだ。

しかも噂によれば、ヤングマシンがGB350/S正式発表のタイミングで提案したカスタムバリエーションCGに呼応するかのようなスタイリングが、多数具現化しそうだというから嬉しい。

というわけで、本記事では2021年当時に制作したカスタム提案CGを改めてご紹介したい。それらの実現の可能性については、本記事で改めて検証する一文を添えてみた。

※ちなみに、インドではハイネスCB350という名で売られているGB350だが、一部の現地メディアではカフェレーサースタイルのカスタマイズ仕様(もしくはバリエーション追加)がリークされている模様。これが日本にも波及してくるのか、そして日本オリジナルのカスタマイズはあるのか、もう期待しかない!

【その1】3点セットをボルトオーン!

まずはスタンダードに近い状態でどこまでイメージを変えられるか確認してみたい。というわけで、CGでパーツをボルトオンして車体カラーを変更してみる。日めくりカスタムの最初にお届けするのは、ハンドル/シート/フォークブーツのパーツ3点だけで、あとはフルノーマルとしたものだ。これだけでもずいぶん雰囲気が変わると思いませんか?

実現可能性:ハンドルや純正フォークブーツ購入ですぐにでも

ホンダ GB350

3点カスタムでプチ化粧。ステッチ入りのタックロール風シートに低めのハンドルバー、さらにフォークブーツを追加した。ちょいカフェな雰囲気が出たかな? [写真タップで拡大]

【その2】メーターバイザーを追加して、要所をマットブラックでキメ!

先走りカスタム案その1の「3点カスタム」仕様に、小ぶりなメーターバイザーを追加。スタンダードに近い仕様のままではあるが、これでさらに雰囲気はガラリと変わった。

車体の各部は定番のマットブラック仕上げとしてあり、本格的なロードスターの雰囲気が出てきた。トライアンフでいうところの、ボンネビルからストリートカップ(2017年に発売された)になったような……とたとえればだいたい合ってる?

実現可能性:こちらも簡単に実現できそう

ホンダ GB350

ステッチ入りのタックロール風シートに低めのハンドルバー、フォークブーツという3点セットにメーターバイザーを追加。トライアンフのストリートカップについては関連記事をご参照ください。 [写真タップで拡大]

【その3】インドのハイネスCB350よりもゴリゴリにメッキしてみたい!

スタイリングはノーマルベースで、ローハンドルを装着したのみ。今までの先走りカスタム案①/案②に比べても形は一番ノーマルに近くなっている。

その代わり、前後フェンダーやクランクケースカバー、メーターケース、ヘッドライトケースまで全てクロームメッキ仕上げにしてみた。もちろんシリンダーヘッドカバーもだ。

これにインド仕様ハイネスCB350と同じシルバー仕上げのステッププレートを組み合わせ、タンデムグリップバーは低めの荷掛けフックに変換して、主張しすぎないように。一気に質感が上がったぞ!

実現可能性:メッキフェンダーはインドの純正パーツでもあり、一部には個人輸入で取り付けている猛者もいるそう。ケースカバー等はバフがけが現実的か

ホンダ GB350

ローハンドル以外はメッキを施したのみ。このスタイリングなら実現しやすそう!? ショップ&パーツメーカーの方々、こんなGBを企画するならご協力しますよ! [写真タップで拡大]

【その4】トラディショナルならばスポークホイールは必須とお考えですか

GB350のノーマルスタイリングを活かした状態で、さらにトラディショナルっぽさを高めたい。そんなバイクファンにはワイヤースポークホイールでしょう。ホイール交換は外装よりもハードルが高いので、なんなら数万円アップで純正オプションにしてくれたり……しないですかね。

カスタム案③よりもメッキ部分を控えめにしたぶん、ホイールの輝きでバランスが取れた仕様。シートを本革風にも見えるブラウンにしたことで、グッとクラシック感が強まっている。

実現可能性:スポークホイールのパーツ設定は今のところなし。今春以降と言われるカスタムパーツ群に含まれる可能性は30%ぐらいだろうか……。

ホンダ GB350

ノーマルベースで各部にメッキを施し、シートをブラウンに。そしてトラディショナルなワイヤースポークホイールを装着したことで、繊細な佇まいになった。アップハンドル版でも似合うかもしれない。 [写真タップで拡大]

【その5】定番のビキニカウルとパニアをオールドスクールで

トコトコ走りが得意そうなGB350だけに、ツーリング需要も高いはず! というわけで、旅をもっと便利にすべくツアラーカスタムを施してみた。

カウル……というよりも風防と呼びたくなるオールドスタイルのビキニカウルと、荷物を入れられるパニアケースを装着すると、個性的なツアラーを造ったつもりが、アメリカの白バイっぽく見えなくもないスタイリングに。どこへでも行けて、気負わずに現地の人たちと交流もしやすそうな、押し出し感弱めな馴染みやすさがポイントだ。

GB350のモノトーンもいいが、インド仕様ハイネスCB350のツートーンカラーや赤いエンブレムも似合いそう。

実現可能性:1980年代のジャパニーズアメリカン仕様は現実的ではないが、ロイヤルエンフィールド「メテオ350」のようなクルーザースタイルやツアラースタイルは実現する可能性が高そう

ホンダ GB350 カスタム

定番改をオールドスクールで。’70年代風のビキニカウルで個性的なツアラー仕様とした。カウルマウントのミラーやヘビーデューティなフォークブーツなどもポイント。 [写真タップで拡大]

ホンダ CB750フォア ワイルド7仕様

2019年6月に開催されたホンダ「CBと駆け抜けた時代」展にレンジされた、CB750Fourのワイルド7仕様。上記のツアラー仕様とイメージが似ていなくもない。こんなカスタムも似合いそう! [写真タップで拡大]

ホンダ CB500P 白バイ

左はドリームCB500Pという白バイ仕様(1972年)で、右はベンリィCB175 K4FVという消防仕様(1970年)。緊急サイレンはともかく、積載のための装備やエンジンガードは参考になりそうだ。 [写真タップで拡大]

※本記事の文責は当該執筆者(もしくはメディア)に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。